11年ぶり! ホンジャマカ石塚&爆問・田中の“モンスターズ”声優コンビ復活 | RBB TODAY

11年ぶり! ホンジャマカ石塚&爆問・田中の“モンスターズ”声優コンビ復活

エンタメ 映画・ドラマ

『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 東京六大学応援団/『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 石塚英彦(サリー役)&田中裕二(マイク役)/『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 石塚英彦(サリー役)&田中裕二(マイク役)/『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 石塚英彦(サリー役)/『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 田中裕二(マイク役)/『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
  • 『モンスターズ・ユニバーシティ』日本語吹替え声優発表&激励イベント
ディズニー/ピクサーの最新作『モンスターズ・ユニバーシティ』の日本語吹替え版メイン・キャストを、前作『モンスターズ・インク』に続いて石塚英彦(ホンジャマカ)と田中裕二(爆笑問題)が務めることが決定!

4月17日(水)に都内で発表され、“大学”を舞台にした本作にちなんで東京六大学の応援団が集結し、映画のヒットを祈ってパフォーマンスを繰り広げた。

“モンスター界最恐”コンビの『モンスターズ・インク』のマイクとサリーはどのように出会ったのか? モンスターたちの大学、その名も“モンスターズ・ユニバーシティ”を舞台に若かりし頃の2人の学生生活を描き出す。

前作から11年もの時を経て、再びコンビを組むことになった石塚さんと田中さん。実は、続編の製作について石塚さんは「事務所からではなくて、田中くんから聞いた」と明かす。田中さんも、制作側ではなくあくまで「ネットのニュースで見た」とのことで、2人の間で「(続編について何か)聞いてる?」、「知らない」という会話が交わされたとか…。今回は若かりし頃の物語ということで、「僕らでは年を取り過ぎているんだと思った」と当初、日本語吹替え版キャストは前作から一新されると思っていたと語る。

そんなやりとりがあり、改めて続投が決まったときは「事務所が頼りないなと思った(笑)」(石塚さん)、「ホッとしました」(田中さん)という2人。石塚さんは「早いね。11年も経ったと思えない」としみじみと感慨を口にした。

本作ではマイクとサリーの出会いが描かれるが、石塚さんと田中さんの出会いは、石塚さんが「ホンジャマカ」を結成するよりも前のこと。「ウッチャンナンチャンの『笑いの殿堂』という番組で、コントをやった」(田中さん)、「相性が良くて心地よかったけど、まさかこういう作品で一緒にできるとは思ってなかった」(石塚さん)と2人とも懐かしそうにふり返った。

改めて、またマイクとサリーの声を演じることについて、石塚さんは「女子高生がマイクやサリーのストラップをつけているのを見ると、責任重大だなと思います。前作以上に日本中を感動させる作品になれば」と期待と責任を口にする。アフレコはこれからで、いまだ2人も作品の全貌を知らされてはいないが、田中さんは「前作では太田(光)に『ヘタクソ!』とか言われたので、今回はそう言われないように頑張ります!」と意気込みを明かした。

この日は、東京六大学応援団から早稲田大学、慶応大学、明治大学、立教大学の応援団メンバーとチアガール、そして吹奏楽部が登場し、石塚さんと田中さん、そして作品へのエールを送った。巨大な応援団旗と大音量&大迫力のパフォーマンスに2人とも圧倒された様子。「思ってたよりもテンションが10倍くらい高かった!!」(田中さん)、「熱気が伝わってきました!」(石塚さん)と感動しきりだった。

『モンスターズ・ユニバーシティ』は7月6日(土)より全国にて2D/3D同時公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top