タニタ、ローソンHMVエンタテイメントと連携で「タニタ健康くらぶ」立ち上げ | RBB TODAY

タニタ、ローソンHMVエンタテイメントと連携で「タニタ健康くらぶ」立ち上げ

エンタメ その他

タニタ健康くらぶ
  • タニタ健康くらぶ
 タニタとローソンHMVエンタテイメントは、新しく会員制のヘルスケアエンタテインメントコミュニティ「タニタ健康くらぶ」を立ち上げ、5月11日よりサービスを開始する。

 タニタが提唱してきた健康管理にかかわるノウハウを、ローソンHMVエンタテイメントと連携し、エンタテインメント性の高いコンテンツとして提供する。特に、リアルな健康情報やイベント、ウェブによる多彩なコンテンツとを組み合わせ、生活者のライフステージに合わせて会員同士が交流できるといったヘルスケアサービスとなっている。入会金は無料、年会費は5,000円で、4月11日から募集をスタートしている。入会特典として「丸の内タニタ食堂」の特製茶碗がもらえる。

 サービス内容としては、タニタが長年蓄積してきた健康にまつわる様々なコンテンツを「食べる」「動く」「集まる」にカテゴライズし、生活者のライフステージに合わせて分かりやすく提供する。「食べる」「動く」では、社員食堂担当栄養士の荻野菜々子氏によるタニタ食堂レシピの調理解説や、タニタが展開するサーキットトレーニングスタジオ「フィッツミー」のトレーナーによる簡単エクササイズを動画配信するなどのコンテンツを用意。「集まる」では、健康セミナーやイベントを全国で定期的に開催するなど、単なる情報発信だけではなく会員同士が楽しみながら健康づくりができる交流の場を作っていく。このほか、シニア層でも親しみやすいように、イラストや写真などを使い、配信情報や健康情報をまとめた会報誌も年4回発行する。また、10月以降には毎週1回のラジオ番組を制作する予定である。

 会員数は初年度に1万人、3年後の2016年度には10万人を計画している。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top