「とある科学の超電磁砲S」OPテーマ試聴開始 第1期に引き続きfripSideが担当 | RBB TODAY

「とある科学の超電磁砲S」OPテーマ試聴開始 第1期に引き続きfripSideが担当

エンタメ その他

fripSide
  • fripSide
  • 「sister’s noise」
  • 「10th Anniversary Live 2012~Decade Tokyo~」
4月12日より、TOKYO MXほかにてテレビアニメ『とある科学の超電磁砲S』の放映が開始する。この放映に合わせてオープニングテーマの新しい企画がスタートした。
ジェネオン公式サイトにて、fripSideの手掛けた本作のオープニングテーマ楽曲の試聴がスタートした。主題歌「sister’s noise」を本編に先駆けて、聴くことができる。

fripSideは、コンポーザー&プロデューサーの八木沼悟志さん(sat)が2002年に結成した音楽ユニットだ。2009年に声優の南條愛乃さんを二代目ボーカルに迎えて活動を再開。『とある科学の超電磁砲』のオープニングテーマとなるシングル「only my railgun」を発表し、オリコンウィークリーチャート第3位にランクするヒットを記録した。
その後も同作のタイアップ曲などを手掛けており、作品には欠かせないアーティストとなっている。それだけに第2期『とある科学の超電磁砲S』への起用は多くのファンが待ち望んでいた。アニメだけでなく主題歌にも熱い視線が注がれている。

ジェネオン公式サイトでは「sister’s noise」のカップリング曲である「I’m believing you」の試聴も開始した。こちらの楽曲も忘れずに確認したい。
シングルは5月8日のリリースも決定している。DVDが付属する初回限定盤は1890円、通常盤は1260円(全て税込)となっている。
そして同日にはライブの模様を収録した「10th Anniversary Live 2012~Decade Tokyo~」のBlu-rayとDVDも発売される。こちらはBlu-rayが5,250円、DVDが4,725円(全て税込)だ。

『とある科学の超電磁砲S』は鎌池和馬さんの人気ライトノベル『とある魔術の禁書目録』からスピンオフしたマンガが原作である。作画は冬川基さんが担当しており「月刊コミック電撃大王」(アスキー・メディアワークス)にて連載中だ。2009年にテレビアニメ化を行い、本作はその第2期となる。
[高橋克則]

『とある科学の超電磁砲S』
http://www.project-railgun.net/

ジェネオン・ユニバーサル fripSide
http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/music/fripside/
《animeanime》

関連ニュース

特集

page top