スマホ活用の営業支援システム、NECが長野信用金庫へ納入 | RBB TODAY

スマホ活用の営業支援システム、NECが長野信用金庫へ納入

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「信用金庫向け営業支援システム for Android」利用イメージ
  • 「信用金庫向け営業支援システム for Android」利用イメージ
  • 「信用金庫向け情報系ソリューション」イメージ
 日本電気(NEC)は12日、信用金庫向け営業支援システム(SFA)を長野信用金庫へ納入したことを発表した。外出先からスマートフォンを活用して、信用金庫の営業担当者が、顧客情報の照会や預り証の発行、また融資案件の進捗管理などを行える。

 あわせて、顧客からの相談・クレーム、事務ミスなどの、営業店から本部への報告事務を、電子化するシステムも納入したとのこと。長野信金は、両システムを4月から利用開始しており、営業担当者150名が、スマートフォンでシステムを利用している。本システムにより、外出先での日報作成、顧客情報共有が可能になったという。長野信金では従来、営業担当者は専用のハンディターミナルを利用していた。

 長野信金では、今後タブレット端末を導入し、商品紹介に利用するなど、さらなるサービス向上と業務効率化を検討している。NECはこれまで、ハンディターミナルやPDA、法人向け携帯電話、スマートフォンに対応した営業支援システムを、全国で30以上の信用金庫に納入している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top