KDDI、Salesforce.com用の営業支援Androidアプリ「Advanced Viewer」提供開始 | RBB TODAY

KDDI、Salesforce.com用の営業支援Androidアプリ「Advanced Viewer」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

画面イメージ
  • 画面イメージ
 KDDIは31日、セールスフォース・ドットコムのサービスをAndroid搭載スマートフォンから利用できるアプリケーション「KDDI Advanced Viewer for Salesforce」を発表した。11月1日より提供を開始する。

 「KDDI Advanced Viewer for Salesforce」は、セールスフォース・ドットコムが提供する、商談や顧客情報管理などを行うクラウド型営業支援・顧客管理サービス「Salesforce CRM」と、非公開型社内向けソーシャルネットワークツール「Chatter」を連携させたAndroidアプリケーションだ。「KDDI Advanced Viewer for Salesforce」は、今後クラウドソリューション「KDDI MULTI CLOUD」と連携し、新たな機能を追加する予定とのこと。

 「KDDI Advanced Viewer for Salesforce」は、「Salesforce CRM」と「Chatter」を一体化させたほか、カレンダーなどの各画面を簡単に切り替えることができる。「Chatter」画面に取引先情報や商談情報の更新が通知されるため、より簡単に商談動向を把握することもできる。また、CRMデータをスマートデバイスにダウンロードするので、電波状況にかかわらずスマートデバイス内のCRMデータをいつでも利用可能。高速の同期更新によりアプリケーション起動後すぐに利用できる。さらに、アプリケーション内のデータは、AES256ビットで暗号化可能。スマートデバイスに「KDDI 3LM Security」を組み合わせることにより、「企業のセキュリティポリシーの維持」「不必要な機能の利用制限」「マルウェア/ウイルスからの防御」などのセキュリティを利用できる。

 利用人数・デバイス数は無制限で、ID数に応じた料金体系となっており、1IDにつき月額1,890円で利用可能。auのAndroid搭載スマートフォンに対応するが、提供開始時は「SIRIUS α IS06」のみ対象となる(順次拡大予定)。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top