「無印良品」の飲食店舗が国際的食品安全管理システム「マルチサイトSGS-HACCP認証」取得 | RBB TODAY

「無印良品」の飲食店舗が国際的食品安全管理システム「マルチサイトSGS-HACCP認証」取得

エンタメ その他

マルチサイトSGS-HACCP認証
  • マルチサイトSGS-HACCP認証
 無印良品を展開する良品計画のカフェ・ミール事業部と、同事業部が運営する国内の飲食店舗14店は、食品安全管理の国際的管理システムであるHACCPの「マルチサイト SGS-HACCP認証」を取得した。

 これは、検査及び審査登録機関であるSGSジャパンによる認証審査を経て、国内の一般飲食業としては初の取得となる。

  HACCPとは、食品製造作業の全工程を精査し、具体的な危害を特定するとともに、その効果的な管理措置や検証手段の実行と、食によるリスクを最小限に抑えるための食品安全管理システム。世界的には食品・飲料加工業者をはじめ多くの飲食店チェーンなどで導入されている。

 カフェ・ミール事業部と同事業部の飲食店舗14店(Cafe MUJI、Meal MUJI、Cafe&Meal MUJI)では、このHACCPの管理システムを用いた食品衛生管理の標準化を推進し、食品衛生管理者を対象にしたトレーニングの実施、管理マニュアルやツールの共有、検証データの分析に基づく対応策を協議してきた。そして、食品衛生管理者のみならず、調理・料飲サービス・調達にかかわるすべてのスタッフがトレーニングを重ねた結果、関係者全員がHACCP認証試験に合格し、取得した。

 今後、HACCPの認証を取得した飲食店舗においてはSGSによる継続審査を受けながら、HACCPを用いた食品衛生管理を徹底し、新規出店する店舗においてもHACCPの認証取得の推進を行っていくとしている。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top