ソフトバンクT、自治体受けBCPトータルソリューションの提供を開始 | RBB TODAY

ソフトバンクT、自治体受けBCPトータルソリューションの提供を開始

 ソフトバンク・テクノロジーは26日、自治体向けに事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)トータルソリューションの提供を行うことを発表した。3月末頃より提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
BCPトータルソリューション イメージ図
  • BCPトータルソリューション イメージ図
  • コンサルティングからシステム構築・運用まで全面的にカバー
  • サービス内容
 ソフトバンク・テクノロジーは26日、自治体向けに事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)トータルソリューションの提供を行うことを発表した。3月末頃より提供を開始する。

 このソリューションは、ヤフーおよびIDCフロンティアのクラウドサービス、ウィルコムのPHS網およびデバイス、さらにはソフトバンクテレコムのICTプラットフォームサービス「ULTINA」や、クラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」などのサービスを統合化したものとなる。

 ソフトバンク・テクノロジーは、これら各分野のサービスと自治体とのシステムとをつなぐインテグレーション、および運用保守を担当する。

 各自治体それぞれの地域性や規模、文化などに沿ったコンサルティングを実施。システム構築、運用監視まで一括で提供する。大規模災害時の情報基盤確保、住民や業者、観光客への適切な情報発信といった用途を想定している。提供価格は最小構成で月額50万円から。要望や金額などに応じてメニューを選択可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top