村上春樹氏新作長編のタイトル発表、4月12日発売……「『1Q84』と少し違うものを書いてみたかった」 | RBB TODAY

村上春樹氏新作長編のタイトル発表、4月12日発売……「『1Q84』と少し違うものを書いてみたかった」

エンタメ その他

タイトルとコメントが掲載された特設サイト
  • タイトルとコメントが掲載された特設サイト
 文藝春秋から刊行される村上春樹氏の新作長編のタイトルが「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」と発表された。発売は4月12日。特設サイトも開設された。

 同作は「1Q84」以来、村上春樹氏3年ぶりとなる書き下ろし長編小説。長編では「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」に次ぐ20文字という長いタイトルとなった。特設サイトでは村上氏のコメントも掲載。「『1Q84』がいわばジェットコースター的な物語だったので、それとは少し違うものを書いてみたいという気持ちがありました。それがどんなものなのか、書いてみないとわからなかったけど」と明かしている。

 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は4月12日発売。文藝春秋刊1,785円。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top