「まだ死んでません」……自虐ツイート連発の日立マクセルに励ましの声も | RBB TODAY

「まだ死んでません」……自虐ツイート連発の日立マクセルに励ましの声も

エンタメ ブログ

自虐的なツイートがネット上で話題となっている日立マクセルの公式Twitterアカウント
  • 自虐的なツイートがネット上で話題となっている日立マクセルの公式Twitterアカウント
  • 日立マクセルの一連の自虐ツイート
 日立マクセルの公式Twitterアカウントが発信した、ユーモアあふれる少々“自虐的”なツイートが、ネット上で話題となっている。

 先日、パナソニックが充電池「eneloop」のデザインを刷新した新製品を発表したが、その新デザインではもともと三洋電機の人気ブランドとして親しまれた同製品のロゴが目立たないものとなるなど、従来のデザインから大きく変更されているとして、ネット上では賛否両論が上がっていた。

 そうした話題を受け、日立マクセルの公式Twitterアカウントは28日に、「eneloop、デザイン変わるんだ…」とつぶやくと、続けて、「ウチのエコフル、ほとんど知られてねぇ…」と、なんとも自虐的なツイートを発信。ユーザーから「え、ちょ、maxellさん頑張って…」などと励まされると、「頑張ります」と返したものの、残念ながら同社製品を店舗等で見かけたことがないとする声が多く寄せられると、再び「出会えることが奇跡ってレヴェル(おい)」「いや、ホントどこに売ってるんでしょうね(おい)」と自虐的に。その後、ようやく同製品を見かけたことがあるとする一人のユーザーが現れると、「エコフルを知っている方に初めて出会えましたw」と、やはりどこか自虐的に喜ぶとともに、「エコフル、この機会にお見知り置きを…」「下の方とか隅の方にあるかも知れません。 見つけてもらえると嬉しいですw」などとアピールした。

 さらに同社Twitterは、今回の話題に際してユーザーから寄せられたという「そもそもマクセルの社名を久々に見たレベル」「マクセルさんから漂う90年代臭」「マクセルとか未だにあったの」などといったツイートを紹介し、「熱いご意見をいただいておりますが、私は元気です。まだ死んでません」と、健在をアピールしている。
《花》

関連ニュース

特集

page top