日立と博報堂、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業で協業 | RBB TODAY

日立と博報堂、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業で協業

 日立製作所は13日、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業の提案力強化を目的として、博報堂と協業することで合意したことを発表した。4月1日に、両社協働プロジェクトとして「マーケット・インテリジェンス・ラボ」(仮称)を設立する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
日立によるビッグデータ利活用イメージ
  • 日立によるビッグデータ利活用イメージ
  • 博報堂の考える「ビッグデータ“ドリブン”マーケティング」
 日立製作所は13日、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業の提案力強化を目的として、博報堂と協業することで合意したことを発表した。4月1日に、両社協働プロジェクトとして「マーケット・インテリジェンス・ラボ」(仮称)を設立する。

 日立が持つ、IT領域を基軸としたビッグデータ解析ノウハウやITプラットフォーム技術と、博報堂が持つ、マーケティング・コンサルティング領域での実績と知見を融合させ、顧客向けサービスの提供やソリューションの開発などを進めるのが狙い。

 協働プロジェクトでは、日立のビッグデータ利活用専任組織「スマート・ビジネス・イノベーション・ラボ」内に「マーケット・インテリジェンス・ラボ」を設立し、博報堂のビッグデータマーケティング推進チームのメンバーが参画する。まず顧客企業におけるマーケティングプロセス改革コンサルティング、およびマーケティングデータ管理のためのプラットフォーム構築と関連ソリューションの共同開発から開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top