PCでもスマホでも利用可能、翻訳/朗読もしてくれるペン型スキャナ | RBB TODAY

PCでもスマホでも利用可能、翻訳/朗読もしてくれるペン型スキャナ

 NEXXは1日、PCに加えてAndroidスマートフォン/タブレットへもワイヤレスでデータを転送するペン型OCRスキャナ「miniScanEYE BT」を発表した。今日から受注開始し、価格は24,800円。

IT・デジタル 周辺機器
翻訳/朗読もしてくれるペン型スキャナ「miniScanEYE BT」
  • 翻訳/朗読もしてくれるペン型スキャナ「miniScanEYE BT」
  • スキャンスピードは15cm/秒
  • スマホでの辞書機能
  • スマホでの翻訳機能
  • PCでの辞書機能
  • PCでの翻訳機能
 NEXXは1日、PCに加えてAndroidスマートフォン/タブレットへもワイヤレスでデータを転送するペン型OCRスキャナ「miniScanEYE BT」を発表した。今日から受注開始し、価格は24,800円。

 「miniScanEYE BT」は、Bluetoothでワイヤレス接続し、文字画像を1行ずつ連続的に取り込んで、瞬時に文字認識(OCR)するペン型OCRスキャナ。PCだけでなく、Android端末とも接続が可能。Androidアプリも用意される。

 Android版は22言語、PC版は191言語を認識してテキスト化。オンライン辞書機能を搭載しており、Yahoo辞書やGoogle辞書サイトなどと連携し、スキャンしたテキストをワンクリックごとに単語翻訳して表示してくれる。 朗読機能も装備しており、ハイライトした全文をネイティブの発音で朗読する。メージ取り込みにも対応しており、キャプチャー範囲内のサイズのロゴやグラフィックスなどはそのまま画像として取り込むことも可能。テキスト化した文章をSNSへアップロードもできる。

 対応OSはAndroid 2.3以降およびWindows XP/Vista/7/8、Mac OS X 10.6以降。UI言語は日本語、英語、中国語、韓国語(Android環境設定で変更も可能)、スキャンスピードは15cm/秒、読み取り可能サイズは5~22pt。本体サイズは幅130mm×高さ37mm×奥行18.5mm、重量は35g。USB 2.0ポートも装備しており、PCとはUSBでも接続可能。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top