スマホユーザーの比率は37.6%、女性の増加が続く……D2C調べ | RBB TODAY

スマホユーザーの比率は37.6%、女性の増加が続く……D2C調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

フィーチャーフォンとスマートフォンのユーザー比率
  • フィーチャーフォンとスマートフォンのユーザー比率
  • スマートフォンユーザーの性別・年代別比率
  • スマートフォンユーザーの職業別比率
  • 主要スマートフォンサイト/アプリの利用状況
 D2Cは30日、スマートフォンおよびフィーチャーフォンの利用動向調査の結果を発表した。調査期間は2012年11月29日~30日で、全国の15歳~69歳の男女、携帯電話・PHS・スマートフォン所有者3,096名から回答を得た。

 それによると、調査対象者全体におけるスマートフォンユーザーの比率は37.6%(8月:36.4%)。所有パターン別に見ると、「スマートフォンのみ利用」が32.4%、「スマートフォンとフィーチャーフォンを併用」が5.1%、「フィーチャーフォンのみ利用」が62.4%となっている。

 スマートフォンユーザーの性年代構成を見ると、女性の比率が43.1%で、2012年8月時点から0.6ポイント微増した。その他「男性40~49歳」が1.3ポイント、「女性20~29歳」「女性50~59歳」がそれぞれ1.2ポイント増加している。スマートフォンユーザーの職業構成をみると、「会社員(事務系)」が16.2%と、2012年8月調査時点から2.3ポイント増加しており、もっとも高い増加率だった。

 次に、主要スマートフォンサイトとアプリの利用状況を聞いたところ、「Google」の利用者計が88.1%ともっとも高く、続いて、「Yahoo!JAPAN(77.7%)」「通信事業者のポータルサイト(56.1%)」「LINE(52.2%)」「Facebook(45.6%)」が続く。8月調査時より「Twitter」が4.7ポイント、「mixi」が4.1ポイント下がっているが、「LINE」は4.9ポイント上昇。なお「LINE」は、「1日に10回以上」利用するという回答でも10.4%ともっとも高い数値を示した(その他は「Twitter」7.8%、「Yahoo!JAPAN」6.0%など)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top