AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」 | RBB TODAY

AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」

エンタメ 音楽

映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の完成披露試写会に参加したAKB48のメンバー
  • 映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の完成披露試写会に参加したAKB48のメンバー
  • AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」
  • AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」
  • AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」
  • AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」
  • AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」
  • AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」
  • AKB48新作映画公開、高橋みなみ「本当にたくさんの別れがあった1年」
 21日、『AKB48』の2012年を追ったドキュメンタリー映画の完成披露試写会に、AKB48のメンバー、高橋みなみ、大島優子、篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、北原里英、横山由依の8名が登場した。

 試写会は、『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』の2月1日公開に先駆けて行なわれたもので、AKB48のメンバーを代表して8名が舞台挨拶に参加。映画では、出来るだけメンバーの自然な姿を映すことを目指したという高橋栄樹監督が、密着インタビューを交えながら、メンバーたちの姿を冷静な視点で描き出す。

 2012年は、AKB48が目標にしていた東京ドーム公演と合わせて、中心メンバーの一人前田敦子の卒業があった激動の一年となる。

 高橋さんは「今振り返っても夢だったんじゃないのかなと思うぐらい素晴らしい時間でした。私たちは始まった当初からオフィシャルブログのタイトルが“東京ドームまでの奇跡”と、その時は250人の劇場も埋まっていなかった状況で本当に夢のまた夢でありながら掲げてみましたが、7年経ってみてその場所に立てたということが、本当に自分たちの人生の中で宝だなと思いました」と、振り返った。

 メンバーがそれぞれ2012年を振り返る中、この映画のテーマにもなる“涙”について聞かれた横山さん「この映画は本当にたくさんの涙が映っていて、人を送り出すがんばれの涙だったりとか、普通に悔しかったり、悲しい涙がありますが、人って喜怒哀楽が動くと、やっぱり“涙”がつきものなのかなと、この映画を見て感じました」と感想を話し、司会から「総選挙で見せる“涙”は特別ですか?」と聞かれると横山さん「そうですね。普段の感情とは違う喜びだったり、自分のやってきたことの積み重ねが涙だと思いますので、やっぱり違うのかなと思います」と語った。

 いろいろな卒業があった2012年、高橋さんは「本当にたくさんの別れがあった1年でした。うれしい卒業もあり、悔しいなと思うこともたくさんありましたけれど、どんなことが起きても明日はやっぱりくるので、私たちはその子たちの背中を見送って、ここにいて頑張らなければいけないなと思いました」と力強く語った。

 舞台挨拶の最後に、メンバーを代表して高橋さん「どんなことが起きても明日は来ます。涙の分だけたくさん笑えるように、笑顔になれるように、頑張っていきたいと思います。この映画を通して2012年の1年を私たちと一緒に見守って下さい」と締めくくった。

『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』
配給:東宝映像事業部/企画:秋元康/監督:高橋栄樹/出演:AKB48
2013年2月1日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー 
©2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
《編集部》

関連ニュース

特集

page top