“新成人”によるソーシャルメディアの使い分け方……ニフティなど3社が調査 | RBB TODAY

“新成人”によるソーシャルメディアの使い分け方……ニフティなど3社が調査

ブロードバンド ウェブ

利用しているソーシャルメディア
  • 利用しているソーシャルメディア
  • 今後使いたいソーシャルメディア
  • サービスの使い分け
  • 各ソーシャルメディアの利用時間
  • 興味を持つジャンル
 ニフティ、コムニコ、ライフメディアの3社は11日、2013年に成人式を迎える新成人を対象に実施した、ソーシャルメディアの利用実態調査の結果を発表した。

 調査期間は2012年12月19日~25日で、2013年に成人式を迎える新成人男女(1992年4月2日~1993年4月1日生まれ)776人から回答を得た(男性351人、女性425人)。

 それによると、まず「もっともよく利用するソーシャルメディア」として、1位になったのは「Twitter」。2位は「LINE」。「これからもっとも利用したいソーシャルメディア」では、41.3%が「Facebook」をあげており、理由として「就職活動のため」「周りの友達が利用しているから」「世界中の人とつながれるから」などとなっている。

 複数のソーシャルメディアの使い方を比較すると、全体の56.6%がサービスによって「友達・フォローする人の種類や書き込む内容を使い分けている」と回答している。また、利用時間については、もっとも利用するソーシャルメディアが「Facebook」「LINE」の場合、インターネットの利用時間は2時間未満がいずれも45%、「Twitter」「mixi」の場合は3時間以上がいずれも45%を超える結果となり、差異が現れた。また、もっとも利用するソーシャルメディアが「LINE」の場合、興味の対象が幅広く複数の項目において25%を超える結果となっている。一方「Twitter」では、「映画・音楽」「アニメ・漫画」という回答が高かった。

 ちなみに、各ソーシャルメディアの利用者の生活感において、もっとも利用するソーシャルメディアが「Facebook」「LINE」の場合、「時間的なゆとり」や「生活全般の満足度」「将来への展望」への満足感が全体平均に比べて高く、「Twitter」「mixi」の場合には低かった。また「現在恋人がいる」「過去に恋人がいた」と回答したのは、もっとも利用するソーシャルメディアが「LINE」である女性が68.2%ともっとも高く、95.5%が「将来結婚したい」と回答したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top