『映画 鈴木先生』舞台挨拶 | RBB TODAY

『映画 鈴木先生』舞台挨拶

エンタメ 映画・ドラマ

『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶
  • 『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶
  • 『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶(左から、土屋太鳳&長谷川博己&臼田あさ美)
  • 『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶(長谷川博己)
  • 『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶(臼田あさ美)
  • 『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶(土屋太鳳)
  • 『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶(富田靖子)
  • 『映画 鈴木先生』初日舞台挨拶(武富健治)
『映画 鈴木先生』が1月12日(土)に公開を迎え、主演の長谷川博己に臼田あさみ、土屋太凰、風間俊介、富田靖子に原作漫画を手がけた武富健治、河合勇人監督が舞台挨拶に登壇した。

テレビ東京で放送されたドラマの続編となる本作。生徒会選挙に校内立てこもり事件など、鈴木先生が新たな難問に独自の“鈴木メソッド”を駆使して悩みつつも挑んでいく姿を描く。

メガネにタイループの鈴木先生ルックで登壇した長谷川さんだったが、壇上で足を滑らせて転んでしまうハプニングで始まったこの日のイベント。長谷川さんは「滑ってしまいました。映画はスベるわけにはいかないので…」と思わぬアクシデントに苦笑。ドラマは記録的とも言える低視聴率を記録しながらも一方で高い評価と熱烈なファンの指示を受け映画化が決定した。長谷川さんは「逆境にありながらも、できるだけ良いものをみなさんにお見せしようと必死で作りました。みなさんが熱望してくださらなかったら実現しえなかった作品。感謝の気持ちでいっぱいです」と頭を下げた。

巳年で年男の長谷川さんだが「ヘビのように細く長く、うまく切り抜けていきたい。『鈴木先生』もうまく切り抜けて映画になりましたから」と抱負を語る。そして本作について「(低視聴率ドラマの映画化という)暴挙といえるようなことが快挙になるように…もっとそういう瞬間に出会えるように、映画業界が変わっていくきっかけの作品になれば」と熱い思いを口にした。

連続ドラマで鈴木先生と付き合い始め、ドラマの最後には妊娠、本作では新妻の妊婦姿を披露している麻美役の臼田さんは「このたび結婚して“鈴木麻美”になりました…と言うのが嬉しいです」と満面の笑み。自身と同名ということもあり「現場で『麻美さん』と呼んでもらえるので自然となれた気がします」とふり返った。

鈴木先生の考える理想のクラス作りの“スペシャルファクター”である生徒・小川蘇美役を演じた土屋さんは制服姿で登場。「このドラマが始まるとき、私はこの作品にお嫁に行く気持ちで臨んだんですが、(映画が公開となり)もうすぐ蘇美ちゃんでいられなくなるので、魔法が解けちゃうような寂しい気持ちです」と本音を明かす。劇中では大人びた生徒だが、実際には生徒役の中でも年上の方にもかかわらず、ほかの生徒役の女優から「『太凰のことは年上って思ったことはない』って言われまして(苦笑)、みんなに引っ張ってもらってました」と意外なギャップを口にした。

劇場版からの出演となる風間さんは連続ドラマの大ファンだったそうで、本作への出演への喜びを語ったが、長谷川さんは「8か月ぶりの現場で、久しぶりに生徒役の子たちに会うと『長谷川さん』、『鈴木先生』って言ってくれてたのに、風間くんが現場に入ったらみんな『風間さん、風間さん』って風間くんの方に行っちゃった。ドラマの5話の鈴木先生のように嫉妬して『何が風間だぁ!』って思ってました」とジェラシーを告白。風間さんは「長谷川さんは見守るような微笑を湛えてたのにそんなこと思ってたんですか?」と苦笑していたが、長谷川さんは「表には出さないですからね(笑)。小川も『風間さ~ん』って感じだっただろ!」と心の奥に貯め込んだ怒りを爆発させる。すかさず土屋さんが「鈴木先生、そんなことないですよ」と劇中のように微笑みかけ、長谷川さんも「小川…」と返し、客席は上映前の生の2人の掛け合いに爆笑していた。

鈴木先生の天敵・足子先生役の富田さんも、役柄の特徴的な言い回しとスマイルで「みなさん、こんにちは」と呼びかけ客席は喝采を浴びせた。そんな富田さんが見どころとして挙げ「ときめきました!」と語ったのが、風間さんの学ラン姿。風間さんは「30になるんですが、友人から『お前はいつまで学ラン着るつもりだ?』と言われてます。恐らくこれが学ラン納めになると思います」と照れくさそうに語るが、劇中で演じたユウジの学ランの持つ意味について「切なさやメッセージが込められているので、面白味と一緒にそれを感じていただけたら」とアピールした。

最後に、マイクを握った長谷川さんは「これが恐らく最後の衣裳」と明かし、「今日でメガネはとりますが、メガネを取った長谷川博己もキライにならないでください!」と前田敦子式の挨拶で呼びかけ、客席は笑いと温かい拍手に包まれた。

『映画 鈴木先生』は角川シネマ新宿ほかにて公開中。

長谷川博己、風間俊介の女生徒からの人気に「嫉妬しました」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top