パナソニック、Wi-Fi搭載でUstream配信・スマホ連携のビデオカメラ4機種……最上位は3MOS搭載 | RBB TODAY

パナソニック、Wi-Fi搭載でUstream配信・スマホ連携のビデオカメラ4機種……最上位は3MOS搭載

 パナソニックは、Wi-Fiを搭載するデジタルビデオカメラの4機種を発表した。価格はオープン。

IT・デジタル その他
「HC-X920M」
  • 「HC-X920M」
  • 「HC-V720M」
  • 「HC-V620M」
  • 「HC-V520M」
 パナソニックは、Wi-Fiを搭載するデジタルビデオカメラの4機種を発表した。価格はオープン。

 4機種の販売開始日/予想実売価格として、「HC-X920M」は2月20日/140,000円前後、「HC-V720M」は1月25日/100,000円前後、「HC-V620M」は1月25日/80,000円前後、「HC-V520M」は2月20日/70,000円前後。

 4機種はWi-Fiを搭載するデジタルビデオカメラ。撮影映像をUstreamでライブ配信しながら動画(X920M/V720M/V620MはフルHD)を記録できるほか、手元のスマートフォンでライブビューや再生が可能となっている。

 最上位のHC-X920Mは民生用デジタルハイビジョンビデオカメラ初として裏面照射型MOSセンサー採用3MOSシステムを搭載(同社調べ、1月10日現在)。従来品「HC-X900M」との比較で約2倍の高感度撮影を可能とした。また、新開発の「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」で手ブレ・傾きを低減している。光学ズームは12倍(29.8-399.2mm)で、F1.5の明るいライカDCレンズを採用した。

 撮像素子は1/2.3型MOS固体撮像素子、3.5型液晶ディスプレイ/64GBメモリ/SDカードスロット(SDHC/SDXC対応)などを搭載。本体カラーはブラック。本体サイズは幅67×高さ72×奥行き150mm(付属バッテリ装着時)、重さは約480g(付属バッテリ使用時)。

 V720M/V620Mは大型の1/2.33型の新・微細セル&高感度MOSセンサーを採用。新開発の「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載する。光学ズームで21倍、iAズームでは50倍までのハイビジョン撮影を可能とした。また、「おくだけ充電」無接点充電規格Qi対応の新大容量バッテリ(連続撮影時間は約3時間15分)を付属する。

 V720Mは内蔵メモリ64GB、V620Mは同32GB。ほかは共通仕様で、撮像素子は1/2.33型MOS固体撮像素子、3型液晶ディスプレイ/SDカードスロット(SDHC/SDXC対応)などを搭載。本体カラー/本体サイズ/重さは、V720Mがブラック/ブラウンの2色で、幅60.1×高さ69.3×奥行き145.5mm(付属バッテリ装着時)/約365g(付属バッテリ使用時)。V620Mがブラウン/シルバーの2色で、幅60.1×高さ69.3×奥行き126mm(付属バッテリ装着時)/約321g(付属バッテリ使用時)。

 V520Mは広角28mmから光学50倍ズームに対応するマルチアクチュエータレンズシステムを採用。iAズームにより80倍までのハイビジョン撮影も可能となっている。新開発の「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を装備。Qiに対応し、別売のQi対応バッテリを使用することでワイヤレス充電が行える。

 撮像素子は1/5.8型MOS固体撮像素子、3型液晶ディスプレイ/32GBメモリ/SDカードスロット(SDHC/SDXC対応)などを搭載。本体カラーはピンク/ホワイト/ダークネイビー/ブラウンの4色。本体サイズは幅53×高さ59×奥行き121mm(付属バッテリ装着時)、重さは約269g(付属バッテリ使用時)。

 なお、今回は同時にWi-Fi非搭載の「HC-V210M」も発表。販売開始は3月15日、予想実売価格は40,000円前後。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top