光宗薫、今も続く体調不良でドラマ出演できず……撮影現場で号泣も | RBB TODAY

光宗薫、今も続く体調不良でドラマ出演できず……撮影現場で号泣も

エンタメ ブログ

 元AKB48の光宗薫が、6日に放送されたSMAP・中居正広主演ドラマ「ATARU」(TBS系)のスペシャルに出演しなかったことについて、光宗の体調不良が原因であると同番組のTwitter公式アカウントが伝えている。

 体調不良の状態が続いたことで、昨年10月にAKB48としての活動を辞退した光宗。グループ脱退後はモデルや女優業に軸足を移して再出発を図っていたが、未だ体調は万全ではないようだ。

 AKB48在籍中の2012年4月~6月に放送された「ATARU」のレギュラー放送時には、鑑識課・機動鑑識係の石川唯役で出演していた光宗だが、今月6日に続編として放送されたスペシャル版には出演しなかった。この件について同番組Twitterが言及している。

 レギュラー放送の撮影時には、収録の都合でAKB48の公演や握手会を欠席することもあったという光宗だが、「AKBがお嫌いな方もいるかもしれませんが、光宗さんは連続ドラマで一生懸命、石川唯を演じてくれました」「叩きにもあい、でも、苦しみを見せずにオールアップまで一生懸命頑張ってくれました」とスタッフは労う。そして撮影終了時には光宗がスタッフらの前で号泣したことを明かすとともに、「選挙の結果の心理的ダメージ、抜擢のプレッシャーの苦しみを、僕たちは初めて知りました」と当時の様子をつづる。中でも、特に主演の中居は光宗の体調を心配し、「出演は無理でもみんなの顔を見にくれば??と伝えて。調子がよければちらりとエキストラ的に出てもいいし。その日の体調しだいでいいからさ」と気に掛けていたという。

 スペシャル版の撮影に際し、スタッフから光宗にはダメ元で「現場に遊びに来れば? これたら台詞も作るし」と呼びかけたが、光宗の体調は回復しなかったようだ。今回はセリフのある役柄としての出演は叶わなかったが、中居とスタッフとの相談により、警視庁の広告塔として啓蒙ポスターで“出演”することになった経緯を明かしている。

 光宗は2011年12月にAKB48に加入。加入当初から“スーパー研究生”と呼ばれるなど将来のエース格として期待されたが、2012年10月に体調不良のため活動辞退を発表した。
《花》

関連ニュース

特集

page top