【新春新連載・モテる男講座 第2回】Twitterで手軽にモテる | RBB TODAY

【新春新連載・モテる男講座 第2回】Twitterで手軽にモテる

エンタメ その他

Twitterで自分の名字+さんを検索
  • Twitterで自分の名字+さんを検索
  • 自分ではない地主さんがいいことをしているツイートを発見!
  • そのツイートを自分の手柄にするべくRTする
  • さらにコメントつきRTで謙虚さをアピール
  • 同姓の手柄が自分のタイムラインに並び、フォロワーにいい人アピールできる!
 モテる可能性というものはあらゆるところに転がっている。もちろんネット上にもそのようなチャンスは転がっている。ただし転がるのを待っていてはダメである。仕掛けなければならないのだ。

 では、どこで仕掛けるのかと言えば「Twitter」である。「つい婚」というものもあり、Twitterで知り合い結婚することだってあるのだ。Twitterとはもはや恋愛ツールなのである。では、どうすればTwitterでモテるのか。それは簡単である。それを伝授したいと思う。

■さりげなくいい人をアピールする

 Twitterとは、今更であるが140文字の短文投稿サイトである。このわずか140字という文字数でいかに自分が素晴らしい男であるかをアピールしなければ恋の扉は開かない。と言っても、自分がした優しいことを自分で書くと意外にも嫌われてしまうから難しい。以前、女性にどんな男性が嫌いかを聞いたら「優しさアピールする男」と言っていた。自分がいかに素晴らしいかをアピールしなければならないが、自分からアピールするとダメ。悩ましいところだ。

 それを可能にしたのがTwitterなのである。さりげなく、いかに自分が素晴らしい男であるかをアピールできるのだ。しかもその方法はとにかく簡単。極端な話、本当は素晴らしくなくても、自分が素晴らしい男であるとアピールできるのだ。

 まずはTwitterで「自分の名字+さん」を検索する。すると自分と同じ名字の人が素晴らしいことをしているツイートが見つかる。たとえば私は地主と言う名字なので、「地主さん」で検索すると「地主さんとこ挨拶いったら、ミカンとリンゴ一箱くれた」というツイートが見つかった。もちろんこの地主さんは私のことではない。

 しかし、このツイートをRT(リツイート)するのである。すると私のタイムラインにそのツイートが表示され、フォロワーはその地主さんを私のことだと思うだろう。だって、違う地主さんならわざわざRTしないから。その結果、私はフォロワーから優しい人、いい人と思われるわけだ。ミカンとリンゴを一箱もあげたのだから。本当はあげていないけど。

 ポイントは自分からいいことをしたとツイートしていない点だ。同姓がしたいいことを自分の手柄にしてしまうのだ。本当は何もしていないのに。本当の私は一個もあげていないのに。全部自分で食べるタイプの男なのに。

■コメントつければなおいい人!

 RTにはコメント付きRTという方法もある。たとえば先のツイートなら「もらってくださって嬉しいです RT@×××地主さんとこ挨拶いったら、ミカンとリンゴ一箱くれた」とするのだ。謙虚である。より私のフォロワーは私のことをなんていい人と思うだろう。実際にはなにもしていないけれど。

 別のアカウントを作って自分を褒めるよりも、ずっと効率よく自分の素晴らしさをフォロワーに伝えることができる。そのツイートを読んだフォロワーは「なんて優しい人なんだ」と思い、一度会ってみたいとなるはずだ。

 私の場合は「地主さんにお参りに行く」というツイートもあった。これをRTすれば、「地主さんはもはや神なんだ」となることだろう。カッコいい。民に愛されている、と思うはずだ。実際は京都にある地主神社のことだけれど、勘違いするフォロワーもいるはずだ。

 そんなRTをしていたらフォロワーは減ったけれど、思いを寄せ始めた人もいると信じたい。信じる気持ちが明るい未来を切り開くのだ、と信じたいと思う。
《地主恵亮 》

編集部のおすすめ記事

特集

page top