KCCS、大学・企業向けに学習用途に適した電子書籍配信サービス「BookLooper」提供開始 | RBB TODAY

KCCS、大学・企業向けに学習用途に適した電子書籍配信サービス「BookLooper」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • 概要
 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は25日、大学・企業向け電子書籍配信サービス「BookLooper」を発表した。2013年3月から提供を開始する。

 「BookLooper」は、大学における効率的な学習や、企業における知識の活用に焦点を当てた、電子書籍配信の商用サービス。メモ・マーカー・全文検索などの学習支援機能をはじめ、電子書籍のDRMや決済機能を備えたクラウド型サービスとなっている。

 ユーザーグループに応じた柔軟なアクセス管理が行えるとともに、堅牢なDRMで、電子書籍コンテンツの不正コピー防止や有効期限管理、貸出期限管理などの機能を提供する。タブレット(iPad/Android端末)、スマートフォン(iPhone/Android端末)、PCに対応し、メモやマーカーを端末間で共有するなど、コンテンツを相互利用できる。

 また学習用途に適した機能として、電子書籍コンテンツに、ブックマークやマーカー、メモを挿入し、学習を支援する環境を提供。ダウンロードした電子書籍コンテンツを横断して全文検索が可能なほか、教科書、図書館の貸出書籍、学術・専門書、講義資料、外部のクラウドサービスに蓄積された手書きノートなどを一元管理できる。

 なお、京都造形芸術大学で2013年4月に通信教育部芸術教養学科の学生に向け、学術・専門書出版物のデジタル配信サービスとして採用される予定。大学で採用する教科書や教材の電子化、出版社との電子配信権許諾は日本出版販売が行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top