スマホのセキュリティ対策導入、Android約8割に対しiPhoneは約2割に留まる……BIGLOBE調べ | RBB TODAY

スマホのセキュリティ対策導入、Android約8割に対しiPhoneは約2割に留まる……BIGLOBE調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

スマートフォンの保有状況
  • スマートフォンの保有状況
  • スマートフォンのセキュリティ対策を行なっていない理由
  • スマートフォンのセキュリティ対策に関して不安なこと
  • スマートフォンのセキュリティ対策状況
  • アプリダウンロード時に気をつけていること
 NECビッグローブ(BIGLOBE)は19日、「スマートフォンのセキュリティ対策に関するアンケート」の調査結果を発表した。同社の公式Facebookページにおいて11月15~12月5日に実施したもので、6,508件の有効回答を得た。

 それによると、まず、7割以上の回答者がスマートフォンを保有しており、そのうち約4割がAndroid搭載スマートフォン、約3割がiPhoneを利用していた。

 また、約8割の回答者がスマートフォンのセキュリティ対策が不安だと回答。具体的に不安だと感じることについては、半数以上の回答者が「不正アプリによる情報漏えいなど」と回答した。一方で、「セキュリティサービス(有料/無料)を導入している」と回答した人は約6割に留まった。

 Android利用者とiPhone利用者を比較すると、Android利用者では約8割がセキュリティサービスを利用しているのに対し、iPhone利用者では約2割と大きな差が見られた。なお、セキュリティ対策を行っていない人にその理由を聞いてみると、「どのようなサービスを利用すれば良いか分からない」という人が35%となっている。また「スマートフォンの動作が重くなるから」「スマートフォンはウイルスに感染しないと思うから」などがその後に続いている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top