タニタら4社が開発した「安眠プラン」…ホテルグレイスリーで12月15日から提供開始 | RBB TODAY

タニタら4社が開発した「安眠プラン」…ホテルグレイスリーで12月15日から提供開始

エンタメ その他

ホテルグレイスリー
  • ホテルグレイスリー
 藤田観光、タニタ、デラ、エアアロマジャパンは、4社共同で、快適な睡眠環境を提供するとともに睡眠状態を「見える化」する次世代型「安眠ルーム」を開発した。

 「安眠プラン」として、藤田観光が運営するホテルグレイスリー銀座、ホテルグレイスリー田町にて12月15日から提供を開始する。室料は1泊8000円からで、予約受付は12日15時から開始している。健康志向の高いビジネスパーソンをメーンターゲットに、質の高い安眠サービスを提供していくとしている。

 日本人の5人に1人、約2,000万人が何らかの睡眠障害を抱えているといわれる現在、「睡眠の質」を高めることは、健康を維持する上で重要なファクターといえる。特に日々様々なストレスにさらされているビジネスパーソンにとって、快適な睡眠環境の獲得は大きなテーマであり、出張などでホテルを利用する際、その選定基準のひとつとなっている。

 今回開発した「安眠ルーム」は、ホテルグレイスリーが備えているホスピタリティーと機能性に加え、エアアロマジャパンの「アロバランス」、デラのヒーリング音楽「メンタルフィジックシリーズ」を付加することで、より眠りやすい空間を創出する。「アロバランス」は、オーストラリア州立大学の脳神経研究チームが開発した天然由来のアロマオイルで、ストレス時に活性化する交感神経の活動を抑制する。また、「メンタルフィジックシリーズ」は「究極の眠れるCD」を使用。自然音を中心とした穏やかな旋律で、「1/fゆらぎ」の効果で心地よい眠りへと誘導すると同時に、宿泊時の睡眠状態をタニタの睡眠計「スリープスキャン」で計測する。インターネット上の特設サイトにアクセスすることで、宿泊時の睡眠点数、睡眠グラフのほか、快眠アドバイスなども見ることができる。宿泊時の睡眠状態を科学的に分析した結果を提示することで、主観だけでなく、客観的にも満足できる安眠環境を提供する。

 藤田観光では12月15日から2013年1月15日までをスタートキャンペーン期間とし、その後、利用者の反応を見ながら、提供ホテルの拡大も検討していく。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top