シャープ、ICC技術採用で世界初「THX 4K」認証取得の4K次世代液晶テレビ「ICC PURIOS」……60型で262万円 | RBB TODAY

シャープ、ICC技術採用で世界初「THX 4K」認証取得の4K次世代液晶テレビ「ICC PURIOS」……60型で262万円

IT・デジタル テレビ

ICC技術採用で世界初「THX 4K」認証取得の4K次世代液晶テレビ「ICC PURIOS」
  • ICC技術採用で世界初「THX 4K」認証取得の4K次世代液晶テレビ「ICC PURIOS」
  • 正面カット
  • リモコン
 シャープは13日、I3(アイキューブド)研究所と共同で4K液晶パネルを搭載した次世代液晶テレビ「ICC PURIOS LC-60HQ10」を発表した。発売は2013年2月20日で、価格は2,625,000円。

 「ICC PURIOS LC-60HQ10」は、I3研究所が開発した光クリエーション技術「ICC(Integrated Cognitive Creation)」と、シャープの大画面/高精細液晶技術を組み合わせた液晶テレビ。ICCとは、入力された映像信号を解析し、人間の視覚が光の反射で風景や物体などを認知する仕組みを利用して、遠近感のある風景や物体の立体感、質感などを映像として再構成する技術。実際に、その光景を見ているような映像空間を創出し、圧倒的な臨場感を提供するという。

 液晶は、フルHDの4倍となる約829万画素(3,840×2,160ピクセル)を持つ4K液晶パネルを搭載。輝度を細かくコントロールするパネル制御技術を新たに採用し、高い輝度均一性を実現した。また、高精細液晶パネルを独自の「平滑化アルゴリズム」で駆動させることで、自然で滑らかな階調表現が可能になった。これにより、従来の信号処理では難しかった暗部の諧調表現や立体感のある映像が実現した。

 この結果、映画館やホームシアターエンターテイメント事業で著名なTHX社が定める「THX 4Kディスプレイ規格」の認証を世界で初めて取得した。

 チューナーは地デジ×3、BS/110度CS×2で、別売のUSB HDDを接続することで2番組同時録画も可能。録画した番組リストを、静止画の表示付きで案内する「録画リスト」も用意する。また、インターネット動画サービスに加え、暮らしのサービスなどを提供するネットサービス「AQUOS City」に対応。テレビの使用状況を携帯電話やパソコンの電子メールに自動で知らせる「見守りサービス」や「有害サイトフィルタリングサービス」なども用意されている。メインメニューでは番組情報とネット情報を同じ画面上に表示する「ビジュアル モーションガイド」を採用しており、テレビを視聴しながら暮らしに役立つ情報が探せたり、見たい番組、利用したいコンテンツがひと目でわかるなど、直感的な操作が行えるようになっている。シャープ製テレビユーザーが視聴しているテレビ番組を視聴者の多い順番に表示する「AQUOS視聴ランキング」にも対応した。

 インターフェースはHDMIケーブル1本で4K(3840×2160/30p)入力できるHDMIが1系統のほか、4端子(1920×1080/60pの4本同時入力)で4K対応できるHDMI(1,920×1,080ドット)入力×4など。USBは写真/音楽/動画用が2系統、HDD録画用が1系統装備する。本体サイズは幅1378mm×高さ885mm×奥行326mm、重量はまだ未定。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top