「女性活躍推進チーム」による、女性の意見をいかした、「美楽洗面収納」完成 | RBB TODAY

「女性活躍推進チーム」による、女性の意見をいかした、「美楽洗面収納」完成

エンタメ その他

エス・バイ・エル一宮展示場「美楽洗面収納」設置例
  • エス・バイ・エル一宮展示場「美楽洗面収納」設置例
  • 第4弾「美楽洗面収納」特徴
  • エス・バイ・エルオリジナル洗面カウンターによる「洗面スペース」設置例
  • プラン展開例
  • パブリックゾーン
  • プライベートゾーン
 住宅メーカーのエス・バイ・エルは、「女性活躍推進チーム」による女性の意見をいかした商品として、第4弾「美(び)楽(らく)洗面収納」を開発した。

 同社は、女性にとって働きがいのある会社を目指し、平成19年に「女性活躍推進チーム」を発足。女性目線から様々な取り組みを行っている。その中のワーキンググループである「女性意見をいかす商品開発活動」では、「かゆいところに手が届く」女性ならではの視点で収納方法を提案する商品開発活動を行っている。

 これまで、平成19年9月に発表した第1弾「キッチン収納」や、平成20年8月に発表した第2弾「リビング収納」、そして平成23年8月には、玄関スペースの収納として第3弾「おでかけクローゼット」を提案し、主婦目線の「ちょっと自慢したい収納提案」を行っている。

 第4弾となる「美楽洗面収納」は、「子育て、仕事、家事で忙しくても、いつもキレイな私でいたい。」という主婦のために、『家事を楽にし、モチベーションが上がる理想の洗面空間』をコンセプトに開発。洗面空間の現況や不満、悩み、理想などのアンケートを社内にて実施し、実際のシミュレーションを行ったという。

 同商品は、平均2畳という狭い洗面空間に、洗面・洗濯・脱衣の3つの機能が集中しているという問題点に着目し、『「美」空間』であるパブリックゾーン(洗面スペース)と、『「楽」空間』であるプライベートゾーン(洗濯・家事、脱衣スペース)を分離した機能的なスペース作りを提案している。「使いたい物がどこにあるかがすぐに分かる」ことを原則とした収納レイアウトを実現した。

 また、家族全員が洗濯作業の一部を分担するルールの提案、そして、家事導線を意識した効率的なプランまで、トータルで提案。自信を持って来訪者を案内できる、「いつも美しい洗面空間」も実現している。

 新しく住まいを建てる家だけでなく、リフォームにも対応可能。実際の展示は、11月17日にオープンしたエス・バイ・エル一宮展示場にて見ることができる。
《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top