アイドリング!!!からグリコ「カプリコクイーン」決定……ニコニコ生放送で選んだ | RBB TODAY

アイドリング!!!からグリコ「カプリコクイーン」決定……ニコニコ生放送で選んだ

エンタメ その他

初代カプリコクイーン、長野せりな
  • 初代カプリコクイーン、長野せりな
  • カプリコ1年分365本
  • カプリコ色のスペシャルライブ
 江崎グリコは、『ジャイアントカプリコ』のキャンペーンとして、アイドルグループ「アイドリング!!!」とコラボレーションした「カプリコクイーン決定戦!!!」を10月より展開してきた。12月9日、アイドリング!!!13号長野せりながその称号を手にした。

 「カプリコクイーン」とは“「ジャイアントカプリコ」に最もふさわしいアイドル”のこと。アイドリング!!!メンバー21名がその座をめぐって繰り広げてきた対決は予選3回と決勝戦の計4回で、その模様はニコニコ生放送にて中継された。

 企画の特徴は、各回の勝者がニコニコユーザーによるリアルタイム投票によって選ばれること。「カプリコクイーン」決勝戦の勝者決定投票もリアルタイム投票だった。

 決勝戦は六本木ニコファーレで行われ、13号長野と25号後藤郁との一騎打ちとなった。テーマは予選で好評だった「カプリコ告白対決」。相手の名前を視聴中のユーザーのコメントから選び、“カプリコを使った愛の告白”を繰り広げた。幼馴染に告白する乙女心を表現した後藤に対して、「告白の返事がOKだったら、カプリコを受け取って!」とカメラに向かってアイドルっぷりを発揮した長野。

 どちらがより「カプリコクイーンにふさわしいか」は、ニコニコ生放送を閲覧中のユーザーによってその場で投票され、長野が得票率70.7%の大差で勝利した。長野は、「対戦前は正直あきらめていたが、カプリコクイーンに選ばれて嬉しい!!」と、語る。

 カプリコクイーンの副賞は「カプリコ一生分」(1日1本)。同時に、「カプリコクイーンのだいじなおしごと」として、“実際のお店で、カプリコへの愛を広める!”というミッションが発表された。「おしごと」の詳細は、後日発表される。

 ニコニコ動画内「カプリコチャンネル」では2013年1月31日まで、過去の対戦の動画アーカイブと、対戦のレポート記事を掲載している。決勝の模様もアーカイブ予定だ。

 また「カプリコクイーン決定戦!!!」の開催を記念して、全国のコンビニエンスストアで、ジャイアントカプリコ<いちご>のアイドリング!!!のコラボパッケージを限定発売する。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top