スマホのデータ保存も可能なメモリ・無線LAN搭載1台3役補助バッテリ | RBB TODAY

スマホのデータ保存も可能なメモリ・無線LAN搭載1台3役補助バッテリ

IT・デジタル その他

「StationDrive」
  • 「StationDrive」
  • 音楽/動画/写真/書類の対応ファイル形式一覧
 ピクセラは、フラッシュメモリと無線LAN機能を搭載したスマートフォン向け補助バッテリ「StationDrive」を発表した。販売開始は2013年1月中旬。価格はオープン。

 内蔵メモリ容量の違いで2機種を用意し、予想実売価格は、64GB「PIX-FS200-64」が13,000円前後、32GB「PIX-FS200-32」が10,000円前後。

 同製品は、本体サイズが幅60×高さ118×奥行き11mmというスマートフォン並みのコンパクトボディをした補助バッテリ。3,000mAhのバッテリを内蔵し、iPhoneやAndroidスマートフォンを約1回充電できる。

 802.11b/g/nの無線LANアクセスポイント機能を搭載し、自宅やホテルのLANポートと接続することで、無線LANアクセスポイントとして利用可能。また、「PIX-FS200-64」は64GB、「PIX-FS200-32」は32GBのフラッシュメモリを内蔵しており、スマートフォンやタブレットなどから無線LAN経由でファイルを送信・保存できる。

 専用アプリをAppStore/Google Playより無料ダウンロードし、写真/動画/音楽をはじめ、ワード、エクセル、パワーポイントのファイルに対応。Windows/Macのパソコンからも利用できる。

 インターフェースはmicroUSB/USB/LANなど。本体の重さは約100g。対応OSはiOS4.3以降、Android 2.2以降、Windows XP以降、Mac OS X 10.5以降。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top