この1年で「心を一番あたたかくしてくれた相手」は?……ネスレ、「メッセージ」に関する調査を実施 | RBB TODAY

この1年で「心を一番あたたかくしてくれた相手」は?……ネスレ、「メッセージ」に関する調査を実施

エンタメ 調査

「あつあつゆげメッセ」
  • 「あつあつゆげメッセ」
  • 投稿された“あつあつ”「ゆげメッセ」
  • 投稿された“あつあつ”「ゆげメッセ」
  • 投稿された“あつあつ”「ゆげメッセ」
  • 投稿された“あつあつ”「ゆげメッセ」
  • 一番心があたたまると思うメッセージは?
  • この1年で、あなたの心を一番あたたかくしてくれたのは?
  • 感謝の気持ちを伝えられていますか?
 ネスレ日本は28日、20~40代の男女500名を対象とした「メッセージ」に関する調査の結果を公表した。同社では現在「ネスレ ブライト」のブランドサイトにおいて、コーヒーのゆげでくもった窓ガラスに文字やイラストを自由に描くことができるWEBコンテンツ、「ゆげメッセ」を公開しており、同調査は「ゆげメッセ」の公開にあわせて実施されたもの。

■心があたたまるメッセージ、ベスト3は「感謝の言葉」・「信頼の言葉」・「気遣いの言葉」      
 はじめに、「あなたが、一番心があたたまると思うメッセージはどのようなものですか?」と聞いたところ、54%と半数以上が「感謝の言葉(いつもありがとう、など)」と回答。次いで、「信頼の言葉(いつも助かっているよ、など)」(16%)、「ねぎらいの言葉(いつもご苦労さま、など)」(9%)、「気遣いの言葉(体調はどう?、など)」(8%)などが上位にあがった。

 続いて、「この1年で、あなたの心を一番あたたかくしてくれた相手は誰ですか?」と聞いたところ、未婚者においては「恋人(彼氏・彼女)」(21%)、「同性の友人」(18%)、「母親」(14%)が上位に。一方、既婚者においては、「パートナー(夫・妻)」(43%)、「子供」(31%)、「同性の友人」(6%)が多い結果となった。

 また、実際にその相手からもらって、心があたたまったメッセージを聞いたところ、「娘から“お父さん、ずっと大好きだよ”と言われた。(45歳・男性)」、「夫が“家で待ってくれていると思うと早く帰りたくなる”と言ってくれた。(28歳・女性)」、「結婚してすでに家を出ているにもかかわらず、母親が“あなたはいつまでもうちの宝物”と言ってくれた。(30歳・女性)」などがあがった。

■大切な人への「感謝」の気持ち、3人に1人が「伝えられていない」

 そこで、こうした「心をあたためてくれている相手」に対して、「感謝」の気持ちを言葉で伝えられているかを聞いたところ、69%が「伝えられている」と答えた一方で、31%と、3人に1人は「伝えられていない」と回答。必ずしも、大切な相手に対して、きちんと感謝の気持ちを伝えられている人ばかりではないようだ。ちなみに、「伝えられている」と答えた人に、「どのような時に感謝の気持ちを言葉で伝えていますか?」と聞くと、「日常的に」(87%)という回答が最も多く、「相手の誕生日の時」(20%)、「イベントの時(結婚記念日、バレンタインデー、母の日など)」(18%)、「時節のタイミング(年始、お中元、お歳暮など)」(9%)などを大きく上回った。

 「感謝の気持ちを伝えられている人」は、具体的にどのような言葉で自分の想いを伝えているのだろうか。実際に聞いてみると、「(夫に対して)“いつも愛してくれて、大切にしてくれてありがとう”と伝えている。(32歳・女性)」、「母親の一つひとつの行為に“ありがとう”と言っている。本当にそう思うから自然にその言葉が出てくる。(40歳・男性)」、「(恋人に対して)“君のおかげで毎日が楽しく、幸せを感じることができるよ”と言葉をかけている。(31歳・男性)」などの回答があげられれた。逆に、「感謝の気持ちを伝えられていない人」に、「感謝の気持ちを伝えるとしたら、どのような言葉で伝えたいですか?」と聞くと、「(母親に対して)“心配ばかりかけていますが、大好きです。私の母でいてくれて、本当に嬉しいです。”(26歳・女性)」、「(子供に対して)“いつもガミガミ口うるさくしてごめんね。お母さんはあなたたちのことが大好きだよ。”(43歳・女性)」、「(妻に対して)“いつもありがとう。俺は毎日幸せです。”(28歳・男性)」などの回答が

■期間限定!ネスレ ブライトの「ゆげメッセ」に、“あつあつメッセージ”が続々                        
 今回の調査では、「心をあたためてくれている相手」に対して感謝の気持ちを抱きつつも、3人に1人は、その想いを言葉では伝えられていないという実態が明らかになった。とはいえ、あらたまって「感謝」の気持ちを口にするのは気恥ずかしいものでもある。「ネスレ ブライト」のブランドサイトにおいて、2013年3月31日までの期間限定で公開中のコンテンツ「ゆげメッセ」は、文字や絵、スタンプなどを使って自由にメッセージをつくることが可能なほか、FacebookやTwitterで投稿することもできる。現在、「ネスレ ブライト」の公式Facebookページにも、大切な人への感謝の気持ちや愛情を表現した“あつあつメッセージ”がぞくぞくと集まっているとのこと。

■トライアルキットが届く、モニター募集キャンペーン実施中

 さらに、「ネスレ ブライト」では現在、「ネスレ ブライト あつあつハート届けよう 10万人モニター募集キャンペーン」を実施中。今回のキャンペーンでモニターに選ばれると、「ネスレ ブライト スティック」6本(あつあつクリーミーなコーヒー体験が3回分)が入ったトライアルキットが2セット届き、1セットは自分で、そしてもう1セットは、大切な「心をあたためたい相手」に渡すことが可能となっている。ネスレでは、トライアルキットで一緒にコーヒータイムを楽しんだり、「ゆげメッセ」と一緒にキットをプレゼントしたりなど、大切な人との絆を深めるきっかけになればとしている。

 「ネスレ ブライト あつあつハート届けよう 10万人モニター募集キャンペーン」は、2012年9月20日から2013年2月6日まで。景品として「ネスレ ブライト」トライアルキット(「ネスレ ブライト スティック」6本)2セットが総計100,000名(各回10,000名/全10回締め切り)に届く。キャンペーンページから、アンケートに回答の上、応募。応募はパソコン・スマートフォンからのみ可能。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top