PC・スマホで遠隔観察できる200万画素カメラ、暗視撮影対応モデルなど3機種 | RBB TODAY

PC・スマホで遠隔観察できる200万画素カメラ、暗視撮影対応モデルなど3機種

 ハンファ・ジャパンは、撮影映像がネットワークを経由してパソコン/スマートフォンなどで観られるネットワークカメラの3機種をWeb限定で販売開始した。

IT・デジタル 周辺機器
「IP-2000HDR」
  • 「IP-2000HDR」
  • 「IP-2000HDR」
  • 「IP-2000PTW」
  • 「IP-2000PTW」
  • 「IP-2000HW」
  • 「IP-2000HW」
  • スマートフォンやパソコンで映像を遠隔閲覧するイメージ
 ハンファ・ジャパンは、撮影映像がネットワークを経由してパソコン/スマートフォンなどで観られるネットワークカメラの3機種をWeb限定で販売開始した。

 3機種のラインアップと同社直販サイト価格として、赤外線LED搭載/屋外設置対応型/有線LAN接続「IP-2000HDR」が29,800円、赤外線LED搭載/パン・チルト機能/屋内専用/無線LAN接続「IP-2000PTW」が19,800円、microSDカードスロット搭載/屋内専用/無線LAN接続「IP-2000HW」が12,800円。

 3機種とも撮影映像をパソコンやスマートフォンでライブ閲覧できるネットワークカメラ。物体の動きなどをイベントとして検出して撮影を開始する、あるいは一定時間ごとのスケジュールで指定のアクションを実行するイベントスケジュール機能を搭載する。

 「音声警報」「e-mail通知」「動画ftp送信」など(のアクション)を設定することが可能。動画フォーマットは、動画モニタリングが可能なH.264やMPEG-4をはじめ、高画質録画に適したMotin JPEGの3種類に対応する。

 「IP-2000HDR」は、200万画素CCDセンサーと暗視撮影用赤外線LEDを搭載したモデル。保護等級IP66の防塵・防水仕様を備えるほか、赤外線LED24灯により暗所撮影の最大到達距離が25mとなっており、昼夜対応の屋外セキュリティカメラに適している。

 「IP-2000PTW」は、200万画素CMOSセンサーと暗視撮影用赤外線LEDを搭載した屋内専用モデル。遠隔制御に対応したパン・チルト機能を備える。microSDカードスロットを装備し、無線LAN規格は802.11b/g/n。

 「IP-2000HW」は、「IP-2000PTW」のシンプル機能モデル。赤外線LEDとパン・チルト機能が非搭載でほかは同様。200万画素CMOSセンサーとmicroSDカードスロットを装備し、無線LAN規格は802.11b/g/n。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top