NECと科学警察研究所、「ポータブル型DNA解析装置」実用化を視野に共同評価を開始 | RBB TODAY

NECと科学警察研究所、「ポータブル型DNA解析装置」実用化を視野に共同評価を開始

 日本電気(NEC)は22日、現在開発中の「個人識別用ポータブル型DNA解析装置」の精度について、科学警察研究所と共同評価を実施したことを発表した。共同評価は今後、2013年度末まで継続される。

エンタープライズ その他
装置の完成イメージ
  • 装置の完成イメージ
  • DNA解析装置に関する解説ページ(米NECサイト)
 日本電気(NEC)は22日、現在開発中の「個人識別用ポータブル型DNA解析装置」の精度について、科学警察研究所と共同評価を実施したことを発表した。共同評価は今後、2013年度末まで継続される。

 「ポータブル型DNA解析装置は、DNAの抽出から解析までのプロセスを一貫して行うことのできる装置。およそスーツケース大まで小型化されているとともに、DNA抽出プロセスから解析プロセスまで全工程を約60分に短縮している。

 NECでは、米国Promega社(解析用試薬を提供)、富士紡ホールディングス(解析用試薬のパッケージ化)、朝日ラバー、岡山(μTAS技術による解析チップの開発)東京大学 生産技術研究所 藤井 輝夫教授(μTAS技術による解析チップの研究・開発)などとともに、解析チップおよび試薬パッケージについて、微量の液体を制御する技術を安価に装置に実装可能とした。これにより、従来の解析作業で必要であった、ピペットを用いた解析を不要とし、容易な操作性が実現する見込み。

 共同評価の第一弾として、NECと科学警察研究所は、10月24日~11月7日に、科学警察研究所の提供するDNAサンプルを用い、実用化を視野に入れた評価を実施。従来のDNA解析手法と比較して「将来を期待するに十分な精度と再現性を有することを確認した」としている。科学警察研究所は、今回の評価結果について、いくつかの課題を指摘しながらも、「これらの課題が改善されれば、迅速なDNA型検査法の確立につながる可能性がある」とコメントしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top