NEC、九州に地域密着型データセンターを設置……OpenFlowベースで統合管理 | RBB TODAY

NEC、九州に地域密着型データセンターを設置……OpenFlowベースで統合管理

エンタープライズ ハードウェア

NECグループのデータセンター
  • NECグループのデータセンター
  • NEC九州DCの主な仕様(計画)
 日本電気(NEC)およびNECフィールディングは12日、九州地域におけるサービス事業の強化を目的に、「NEC九州データセンター(NEC九州DC)」を福岡市内に開設すると発表した。2013年3月から稼働開始の予定。

 NECでは、各地域のパートナーと連携し、地域密着型で信頼性の高いデータセンター機能を提供する「地域データセンター」の整備を進めている。「NEC九州DC」は、災害リスクの低い立地に、サーバルームは2次元床免震構造を採用。大地震でも大きな損傷なく運営継続が可能とのこと。

 停電時にも、無給油で72時間給電可能な自家発電設備を有するとともに、複数の特別高圧配電線から受電しする“スポットネットワーク受電方式”、無停電電源装置等も採用する。セキュリティ面ではICカードや生体認証による厳重な入退出管理を実現する予定。

 NECでは、ネットワーク接続に、OpenFlowをベースとしたプログラマブルフローなどのネットワーク制御技術を用い、DC内ネットワークの統合管理を行うことで、高品質な運用サービスを実現するとしている。また、NECグループのSEとNECフィールディングのCE(Customer Engineer:保守要員)が駐在する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top