マイクロソフト、「Windows Live Messenger」の提供を終了へ……Skypeと統合進める | RBB TODAY

マイクロソフト、「Windows Live Messenger」の提供を終了へ……Skypeと統合進める

ブロードバンド その他

Skype ダウンロードページ
  • Skype ダウンロードページ
  • Skype最新版では、Microsoftアカウントでのサインインが可能となっている
 米マイクロソフトは現地時間6日、メッセージングサービス「Windows Live Messenger」の提供を終了する方針を公表した。

 同社は、類似のメッセージング機能を持つ、IP電話サービスの「Skype」を買収しており、今後、メッセージングサービスはSkypeに統合される。同社は最近、“Microsoftアカウント”でSkypeにサインインできる機能を追加しているが、“Microsoftアカウント”は、Windows Live Messenger、Hotmail、Outlook.comでも使われており、各サービスをシームレスに利用し、自動的にサインインすることが可能となっている。

 マイクロソフトでは、全Windows Live Messengerが、Skypeの最新版をダウンロードし移行することを推奨している。Skype最新版では、Windows Live Messengerの連絡先が自動的に取り込まれ、引き続きチャットが可能となっている。

 マイクロソフトは、今後数か月のうちに、中華人民共和国を除くすべての国で、「Windows Live Messenger」アプリの提供を終了させる予定とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top