ニコン、2410万画素CMOSでフルHD動画撮影にも対応したデジタル一眼レフ「D5200」 | RBB TODAY

ニコン、2410万画素CMOSでフルHD動画撮影にも対応したデジタル一眼レフ「D5200」

 ニコンは6日、横開き方式バリアングル液晶を搭載したデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「D5200」を発表した。販売開始は12月で、予想実売価格は本体のみで90,000円前後。

IT・デジタル デジカメ
ニコンのデジタル一眼レフ「D5200」
  • ニコンのデジタル一眼レフ「D5200」
  • 正面
  • 背面には3型液晶
  • 横開き方式バリアングルを採用
  • レッドモデル
  • ブロンズモデル
 ニコンは6日、横開き方式バリアングル液晶を搭載したデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「D5200」を発表した。販売開始は12月で、予想実売価格は本体のみで90,000円前後。レンズキットモデルも用意されており、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRが付属する「D5200 18-55 VR レンズキット」が100,000円前後、AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRの2本が付属する「D5200 ダブルズームキット」が135,000円前後。

 2410万画素の新開発ニコンDXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載。常用撮像感度域はISO 100の低感度からISO 6400の高感度まで幅広く、ISO 25600相当(Hi2)までの増感設定も可能。連写は最高約5コマ/秒。エントリーモデルながら「D4」など上位モデルに搭載された機能を受け継いでいる。

 AFは「D7000」と同一の「マルチCAM4800DXオートフォーカスセンサーモジュール」を搭載し、高密度39点のフォーカスポイントにより撮影領域を広くカバー。動きの速い被写体も的確に捕捉、追尾する。使用頻度の高い中央部9点にはクロスタイプセンサーを採用し、高い被写体捕捉性能、合焦性能を実現。フォーカスポイントは11点に限定することも可能。シーン認識システムは、「2016分割RGBセンサー」により、撮影シーンの明るさ、色などの情報を詳細に分析し、オートフォーカス、自動露出、i-TTL-BL 調光、オートホワイトバランスなどを制御する。被写体判別では、最大35人までの人物の顔を認識する。記録形式は静止画がRAW、JPEG。

 動画撮影では、1920×1080のフルHD対応、高画質な動画撮影ができる「Dムービー」を搭載。フレームレートは60i、50i、30p、25p、24pから選択できるほか、ステレオマイクを内蔵しているほか、外部マイクを接続しての録音も可能。記録形式はMPEG-4 AVC/H.264(MOV)。

 背面の液晶ディスプレイは3型/92万画素。横開き方式バリアングルを採用しており、開閉は左側に0~180度、回転は開いた状態で時計回りに90度、反時計回りに180度可動する。

 利用可能な記録メディアはSD/SDHC/SDXCカード、本体サイズは幅129mm×高さ98mm×奥行78mm、重量は本体のみで約505g、バッテリーとSDカードを含む状態で約555g。カラーバリエーションはブラック、レッド、ブロンズの3色を用意するが、ボディ単体での販売はブラックのみとなっている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top