クリスマス、祝う相手がいる人は期待度が高い……意識調査 | RBB TODAY

クリスマス、祝う相手がいる人は期待度が高い……意識調査

エンタメ 調査

クリスマス(イメージ)
  • クリスマス(イメージ)
  • ネットマイルのホームページ
 ネットマイルは、約258万名のネットマイル会員のうち、全国の20代から60代の男女500名を対象に、クリスマスに関する調査を実施した。 夫婦、子供、孫など、いっしょに祝う人がいるか、いないかでクリスマスに対する期待度は大きく変わってくる。

 例年クリスマスシーズンを楽しみにしていますか、との問いに「とても楽しみにしている」「楽しみにしている」と答えた人は44.4%、「そうは思わない」と答えた人が55.6%となった。

 「とても楽しみにしている」「楽しみにしている」と答えた人のうち、男性は39.2%、女性は60.8%。未婚、既婚で比べると未婚31.1%、既婚68.9%。「とても楽しみにしている」との回答だけをみると、未婚21.3%、既婚78.7%と大きく差がでた。「とても楽しみにしている」「楽しみにしている」と答えた人の属性別の割合を見ると、同じ20代女性でも、既婚女性は69.2%、未婚女性は40.5%と差が生じた。

 例年クリスマスシーズンを「とても楽しみにしている」「楽しみにしている」と答えた人のうち、子供がいる人は55.4%、子供がいない人は44.6%。子供の年齢別にみると、中学生以下の子供がいる人は、過半数以上が「とても楽しみにしている」「楽しみにしている」と答えており、高校生以上は過半数に達しない。孫がいる人では48.1%、孫がいない人では44.0%。

 昨年クリスマスシーズンにお祝いした人に祝った回数をたずねると、「2回以上」と答えたのは20%であった。そのうち今年も2回以上クリスマスを祝いたいと答えたのは87.7%。今年2回以上クリスマスを祝いたいと答えた人のうち84.3%の人がクリスマスを楽しみにしていると答え、複数回お祝いする人の8割以上がクリスマスに期待を寄せている。

 今年プレゼントをあげる予定があると答えた人の平均購入個数は2.3個で、複数個購入予定は60.7%となった。1個は39.2%、2個は33.3%、3個は12.7%、4個以上は14.6%であった。

 プレゼントにかける1個あたりの値段は5000円未満が51.3%。贈る相手による金額の変化については、恋人へのプレゼントで一番多い価格帯は1万〜1万5000円未満、夫婦へのプレゼントでは5000〜1万円未満。家族(2世代)、家族(3世代)、親戚へのプレゼントでは2500〜5000円未満の価格帯が一番多かった。

 恋人へのプレゼント1個あたりの購入金額をみると、男性は1万〜1万5000円未満(38.5%)、1万5000円以上、5000〜1万円未満、5000円未満の順になったのに対し、女性は5000円未満(47.4%)、5000〜1万円未満、1万〜1万5000円未満、1万5000円以上と、男性のほうがプレゼントにかける金額が大きい。また恋人・配偶者のいる女性のうち、クリスマスを「とても楽しみにしている」「楽しみにしている」と答えた人は60.7%にのぼり、女性の期待度が高い。

 今年のクリスマスにプレゼントをあげる予定があると答えた人は43.8%、予定がないと答えた人は56.2%。予定のある人のうち、クリスマスを「とても楽しみにしている」「楽しみにしている」人は74.4%となった。


クリスマスに関する意識調査
●調査地域:全国
●調査期間:2012年10月4〜5日
●調査手法:インターネット調査
●有効回答数:500サンプル
年代:20代20%、30代20%、40代20%、50代20%、60代20%
性別:女性50.0%、男性50.0%
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top