NTTドコモ、長期停電対策として基地局に燃料電池を導入 | RBB TODAY

NTTドコモ、長期停電対策として基地局に燃料電池を導入

 NTTドコモは25日、災害時などにおける長期停電対策のため、従来設備よりも軽量かつ省スペースで長時間利用できる燃料電池を、基地局の非常用電源として2013年3月から導入することを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
燃料電池と鉛蓄電池の外観イメージ
  • 燃料電池と鉛蓄電池の外観イメージ
  • 遠隔制御による基地局装置の省電力化 運用イメージ
 NTTドコモは25日、災害時などにおける長期停電対策のため、従来設備よりも軽量かつ省スペースで長時間利用できる燃料電池を、基地局の非常用電源として2013年3月から導入することを発表した。

 燃料電池は、従来設置されている鉛蓄電池と比較すると、重量が約14分の1、容積が約2分の1になる等、軽量・小型化されるうえ、非常用電源として40時間以上運用することが可能になるという。当初は燃料として消防法上の危険物に該当しない濃度60%未満のメタノール水溶液を使用し、将来的にはバイオ燃料化も検討する予定。

 スケジュールとしては、今年度中に関東甲信越の一部基地局への先行導入を開始し、2013年度から順次他地域の基地局への導入を目指す。

 また、災害時などに遠隔操作で基地局の消費電力を抑制することにより、サービスエリアを維持しながら非常用電源を長持ちさせることができる機能を開発、全国の対象基地局へ導入完了したことも、あわせて発表した。遠隔操作で基地局の装置もしくはその一部ごとに電源ON/OFFの制御を可能とするもので、現地へ駆け付け、現地作業による省電力化が不要となる。本機能はソフトウェア変更により2012年4月から導入されており、7月に全国の対象基地局に導入完了している。すでに2012年7月の九州豪雨、9月の台風17号の際にも運用されている。

 これらの取り組みにより、今後は災害などで長期停電が発生した際も、携帯電話サービスをより長時間利用可能となる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top