レノボ、9型と7型のAndroidタブレット「IdeaTab」を2機種 | RBB TODAY

レノボ、9型と7型のAndroidタブレット「IdeaTab」を2機種

IT・デジタル モバイル

9型液晶「IdeaTab A2109A」前面
  • 9型液晶「IdeaTab A2109A」前面
  • 9型液晶「IdeaTab A2109A」背面
  • 7型液晶「IdeaTab A2107A」
 レノボ・ジャパンは、同社製タブレット「IdeaTab」で新たにAndroid 4.0を搭載した9型液晶「IdeaTab A2109A」/7型液晶「IdeaTab A2107A」を発表した。販売開始は10月26日。価格はオープン。

■9型液晶「IdeaTab A2109A」

 同製品は、NVIDIAのクアッドコアCPUとなるTegra 3(1.2GHz)を搭載したAndroid 4.0タブレット。静電容量式の4点マルチタッチパネル付き9型液晶(1,280×800ピクセル)ディスプレイを装備し、本体サイズは幅236×高さ11.65×奥行き164mm、重さは約570gとした。

 メインメモリは1GBでストレージは16GB。ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetoothを搭載し、バッテリの連続駆動時間は約8時間となる。

 インターフェースはmicroUSB/microHDMI/ヘッドホン/microSDカードスロットなど。前面130万画素Webカメラ/背面300万画素Webカメラ/GPS/加速度センサー/環境光センサー/マイク×2/ステレオスピーカー×2などを内蔵する。

■7型液晶「IdeaTab A2107A」

 同製品は、デュアルコアCPUとなるCoretex A9(1GHz)を搭載したAndroid 4.0タブレット。静電容量式の5点マルチタッチパネル付き7型液晶(1,024×600ピクセル)ディスプレイを装備し、本体サイズは幅192×高さ11.5×奥行き122mm、重さは約400gとした。

 メインメモリは512MBでストレージは16GB。ワイヤレスは802.11b/g/nとBluetoothを搭載し、バッテリの連続駆動時間は約10時間となる。

 インターフェースはmicroUSB/マイク・ヘッドホン/microSDカードスロットなど。前面30万画素Webカメラ/背面200万画素Webカメラ/GPS/加速度センサー/環境光センサー/ステレオスピーカー×2などを内蔵する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top