阪急阪神とNTT、モバイル会員向けO2Oサービス「スマート スタシア」提供開始 | RBB TODAY

阪急阪神とNTT、モバイル会員向けO2Oサービス「スマート スタシア」提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

サービス利用イメージ
  • サービス利用イメージ
  • トライアル実施場所(施設情報)
  • O2Oマーケティングに関する共同トライアルイメージ
 阪急阪神グループ各社は4日、NTTグループ各社および博報堂の協力を得て、新たにモバイル会員向けO2Oサービス「SMART STACIA」(スマート スタシア)を提供することを発表した。6日より提供を開始する。

 「SMART STACIA」は、スマートフォンやタブレットを使い、阪急阪神沿線のおすすめ情報をタイムリーに提供する、登録会員制のO2O(Online to Offline)サービスだ。ショッピングセンター、ホテル、エンタテインメント施設、コンビニ、書店、雑貨店など複数の業種業態を対象にしたO2Oサービスとなる。お得情報の他、各店で利用できる電子クーポン、「SMART STACIA」ポイントサービスを提供する。

 本サービスの提供開始に合わせて、阪急阪神グループ各社、NTTグループ各社ならびに博報堂は阪神間の中核拠点である梅田(大阪府)・西宮(兵庫県)の主要商業施設において「SMART STACIA」会員対象のO2Oマーケティングに関する共同トライアルを実施する。トライアル期間は10月6日~2013年5月10日。

 具体的には、「SMART STACIA」会員に対して、梅田に位置する「阪急三番街」・「HEPファイブ(ヘップファイブ)」・「NU chayamachi(ヌー茶屋町)」を中心とした利用者向けのアプリ『ウメダ・スタイルクリップ』、西日本最大級の商業施設である「阪急西宮ガーデンズ」利用者向けのアプリ『阪急西宮ガーデンズアプリ』の、2種類のスマートフォンアプリを無料で提供する。

 これらアプリの利用状況、鉄道・バスの乗降情報、商業施設での購買情報などをベースとしたビッグデータを分析し、顧客の興味・関心にマッチした情報のタイムリーな提供を実施。マーケティングおよび技術の検証を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top