カップベンダーのコーヒーに見る地域性 | RBB TODAY

カップベンダーのコーヒーに見る地域性

エンタメ 調査

株式会社アペックス
  • 株式会社アペックス
  • 株式会社アペックス
 カップ式自販機の設置・運営を行うアペックスは、10月1日の“コーヒーの日”にちなんで、同社が運営する全国58,000台のカップ式自動販売機の売り上げから、カップ式コーヒーに関するユニークな地域特性や季節特性が確認されたと発表した。

 北海道では12月~2月という真冬の時期に他地域に比べ1.5倍もアイスコーヒーが飲まれているという調査結果が出た。寒い冬に暖かい屋内でアイスクリームなどの冷たい物を楽しむと言われている北海道だが、コーヒーに関してもそれを裏付ける結果となった。

 近畿地方では真夏の7月から8月にどの地域よりもアイスコーヒーが売れていて、同社は、アイスコーヒーに「冷コー(レイコー)」という独自の呼称を付けて愛した近畿地方ゆえに、他地域よりもアイスコーヒーへの思い入れが強いと見られている。

 全国どこの地域でみても、気温とコーヒーのホットとアイスの売り上げ傾向には強い相関がある。例えば関東の場合、気温が30度になるとアイスコーヒーの売り上げがホットコーヒーを上回るという結果になっている。

 10月1日の“コーヒーの日”は、国際協定によりコーヒー生豆取引の年度始まりが10月であること、日本でのコーヒー需要が秋冬に高まることを背景に、社団法人全日本コーヒー協会が1983年に制定した。

夏はやっぱり「冷コー」、道民は冷たいのがお好き…カップベンダーのコーヒーに見る地域性

《浦和 武蔵》

関連ニュース

特集

page top