スターバックスの新フレーバーコーヒー、食との意外なマッチング | RBB TODAY

スターバックスの新フレーバーコーヒー、食との意外なマッチング

 スターバックスコーヒージャパンは22日、「スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY」をバツアートギャラリー(東京、神宮前)で実施した。

エンタメ その他
まずは3種類を試飲(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • まずは3種類を試飲(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • まずは3種類を試飲(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • まずは3種類を試飲(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • まずは3種類を試飲(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • スターバックスへの想いを語る小島慶子さん(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • 香りを確かめる参加者(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • 3種類のフードとのマッチングも試す(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
  • 3種類のフードとのマッチングも試す(スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY)
 スターバックスコーヒージャパンは22日、「スターバックス ヴィア フレーバーコーヒー @HOME PARTY」をバツアートギャラリー(東京、神宮前)で実施した。

 ゲストのタレントの小島慶子さんや、アドバイザーに同社コーヒースペシャリスト田原象二郎さんが、同社の新フレーバーコーヒーとマッチするフードメニューなどを参加者たちに提案した。

 9月3日に新登場したフレーバーコーヒー「スターバックス ヴィア コーヒー エッセンス キャラメル」「同モカ」「同バニラ」の3種類は、店舗の同じクオリティのコーヒーとリッチなフレーバー(香り)を使用したスティックタイプ。ミルクに注ぐだけで、店舗と同様の豊かな香りとなめらかなコクが楽しめるというもの。

 イベントは、「舌の上でコクを感じながら、お蕎麦をすするように飲むといい」といった、いっぷう変わったコーヒーのテイスティングなどが披露され、田原さんによるフレーバーコーヒーのおいしい楽しみ方、小島さんによるスターバックスへの想い、さらにアレンジレシピ・フードペアリングの試食会へと続いた。

 参加者たちといっしょに3種類の新フレーバーコーヒー(冷たいミルク割り)をテイスティング。「疲れているときは甘いものが飲みたいのでバニラがいい。キャラメルは意外と苦味と香りが口に広かった。モカは飲み終えた直後にフレーバーが鼻に抜ける感じが印象的だった」と小島さん。

 次に、「食事とコーヒー」をテーマにしたフードペアリングを体感。「ジンジャー&スパイス フィナンシェ」「ケーク・オランジェ」「三元豚オレンジソース」といった3種類のフードといっしょに新フレーバーコーヒーとのマッチングを試してみる。

 「ヴィア・バニラ」は、ジンジャー&スパイス フィナンシェとの相性を楽しむ。フィナンシェを食べた後(口の中に残しておきながら)、ホットミルクで溶かしたヴィアのバニラを飲むと、ジンジャーやナツメグの風味がぱっと広がり、スパイスの風味がふわっと立つ。「いろいろな香りがちょっと時間差で出てきていい」と小島さん。

 「ヴィア・キャラメル」は、アイスミルクで溶かし、オレンジのケーキといっしょに。こちらもケーキが口の中に残っているときに、コーヒーを飲むと、オレンジのさやわかな風味が口の中に広がり、キャラメルとオレンジの組み合わさったやさしい味に。「オレンジの苦味と、キャラメルの香ばしさがすごく合う」(小島さん)。

 最後の「ヴィア・モカ」と三元豚オレンジソースのマッチングは、参加者たちを驚かせた。ヴィアのモカを少量のお湯(約15ml)で溶き、ビターチョコレートソースとして使用する。コーヒーのビター感が三元豚の甘みを引き出し、ソースのオレンジやローズマリーの風味がチョコレートの風味とともに広がるという。「たまり醤油みたいなイメージ。チョコレートと豚肉って合う。本格的な味が意外」と小島さんも驚いていた様子だった。

 「ちょっとした打合せなどのお土産にもいいかも」と小島さんが話していた「スターバックス ヴィア コーヒー エッセンス」のキャラメル・モカ・バニラ。小さなパッケージに5本のスティックが入って各600円。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top