HDMI接続でテレビを“スマートテレビ”にできるAndroid 4.0端末に有線LAN対応モデル | RBB TODAY

HDMI接続でテレビを“スマートテレビ”にできるAndroid 4.0端末に有線LAN対応モデル

 サンコーは28日、液晶テレビに接続してスマートテレビとして使用できるAndroid 4.0端末の新製品として、有線LANポートを備える「Android SmartTV BOX」の販売を開始した。価格は9800円。

IT・デジタル その他
「Android SmartTV BOX」
  • 「Android SmartTV BOX」
  • 使用イメージ
  • 接続部のイメージ
  • 手にひらに乗る程度のコンパクトサイズ
  • 付属品など
 サンコーは28日、液晶テレビに接続してスマートテレビとして使用できるAndroid 4.0端末の新製品として、有線LANポートを備える「Android SmartTV BOX」の販売を開始した。価格は9,800円。

 同製品は、HDMI接続で液晶テレビをスマートテレビとして使用できるAndroid 4.0搭載端末で、インターネットやメールの利用、Youtubeの視聴などができる。新たに有線LANポートを搭載し、高速で安定した通信を可能としている。

 本体にUSBポートを2基搭載し、キーボードやマウスなどの周辺機器を使用できる。さらに、USBメモリや外付けHDDに保存している動画・音楽データの読み込みも可能。また、本体にカードスロットを備え、最大32GBのSDカードの読み込みにも対応する。

 出力解像度は最大1,920×1,080ピクセル。CPUはCortex A8-Allwinner A10(1.5GHz)。メモリは1GBで、約4GBのストレージを内蔵。インターフェースはHDMI/コンポジット出力/USB×2/LAN/カードスロットなど。パッケージサイズは幅250×高さ75×奥行き145mmで、本体の重さは80g。付属品はHDMIケーブル/コンポジットケーブル/ACアダプタなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top