OS X Mountain Lion、販売より4日で300万ダウンロードを突破 | RBB TODAY

OS X Mountain Lion、販売より4日で300万ダウンロードを突破

エンタープライズ MAC

iCloudにより、MacとiPhone/iPadとの連携が可能
  • iCloudにより、MacとiPhone/iPadとの連携が可能
  • アプリケーションのフルスクリーン表示
  • Launchpadではアイコンを自由に配置できる
  • 開いているウインドウをすべて確認できるMission Control
  • OS X Mountain Lionの画面例
 Appleは30日、「OS X Mountain Lion」のダウンロード数が販売より4日間で300万を超えたことを発表した。

 Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィリップ・シラー氏は「素晴らしい成功をおさめたLionの発表からちょうど一年、お客様にはわずか4日間で300万本ものMountain Lionをダウンロードしていただきました。これは過去最高のリリースです」とのコメントを寄せており、この販売数が、過去のOS Xのリリースのなかで、もっとも成功した事例であることを明らかにしている。

 「OS X Mountain Lion」は、OS Xの9番目のメジャーリリース(7月25日提供開始)。メッセージ、通知センター、さまざまな共有機能、Facebookとの統合(今後提供予定)、音声入力、AirPlayミラーリング、Game Centerなど、200以上の機能を搭載する。iCloudとの統合により、メール、連絡先、カレンダー、メッセージ、リマインダー、メモなどさまざまな情報やデータを、iPhone/iPadと連携させることも可能。過去バージョンのLionおよびSnow Leopardのユーザーは、Mac App Storeを通じて1,700円でアップグレードすることができる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top