ダイエットスマホアプリ、3人に2人が使用……アンケート調査 | RBB TODAY

ダイエットスマホアプリ、3人に2人が使用……アンケート調査

エンタメ 調査

ダイエットを現在している人60%
  • ダイエットを現在している人60%
  • 目指している減量-8kg
 株式会社マクロミルと、モバイル広告ネットワーク「InMobi(インモビ)」を展開するインモビジャパン株式会社は、「ダイエットに関するアンケート調査」を共同で実施した。

 スマホユーザーの女性300人にダイエットをしたことがあるか尋ねたところ、「現在している」と回答した人は60%、「現在はしていないが過去にしたことがある」人は30%と、90%の人がこれまでに何かしらのダイエット経験があることが分かった。

 一方、「過去にしたことはないし、今後もやるつもりはない」は5%に留まり、ダイエットへの関心の高さが伺える。

 また、現在ダイエットをしている人に、今行っているダイエット方法を聞いたところ最も多いのは「食事制限・コントロール」で62%、続いて「ウォーキング」24%、「筋力トレーニング」23%となっている。

 現在ダイエットをしている人に、引き締めたい体の部位を尋ねたところ1位「お腹・ウエスト」87%、2位「太もも」83%、3位「お尻」54%に。特に「太もも」は、40代が55%に対して、10代は93%と気にしている人が多いようだ。

 「お腹・ウエスト」「お尻」は、20代に比べ40代の方が高く、年齢により引き締めたい部位が違ってくる傾向が分かる。

 現在ダイエットをしている人に、今行っているダイエットの減量目標を尋ねたところ平均は「マイナス8.0kg」と、かなり大幅な減量を目指している人が多いようである。

 年齢別では、40代が「マイナス8.9kg」、次いで20代「マイナス8.5kg」、30代「マイナス8.0kg」、10代以下「マイナス7.2kg」となった。

 また、ダイエットのために何らかのスマホアプリを使っているかを尋ねたところ、「使っている」と回答した人は34%、「現在は使っていないが使ったことはある」と回答した人は29%となり、3人に2人が使用の経験があることが判明。

 ダイエットのために使用しているスマホアプリの機能を尋ねたところ、トップは「体重や体脂肪を記録する機能」で77%、次いで「ダイエットの効果をグラフで表示する機能」42%、「運動メニューを指示してくれる機能」24%となっている。同じターゲットにどのくらい効果があると感じているか尋ねたところ、「効果がある」と答えた人は55%という結果になった。


「調査概要」
・調査方法:全国のスマートフォンユーザーを対象とした公開型調査。
・調査地域:全国
・調査対象:スマートフォンユーザー
・調査日時:6月21日~7月10日

ダイエットスマホアプリ、3人に2人が使用「ダイエットに関するアンケート調査」実施

《長尾 美奈子》

関連ニュース

特集

page top