パナソニック、遠隔シャッターやデータ共有などWi-Fi搭載のスマホ連携デジカメ | RBB TODAY

パナソニック、遠隔シャッターやデータ共有などWi-Fi搭載のスマホ連携デジカメ

IT・デジタル デジカメ

「LUMIX DMC-SZ5」ホワイト
  • 「LUMIX DMC-SZ5」ホワイト
  • ブラック
  • スマートフォンからの遠隔操作でシャッターを押すイメージ
  • クラウドサービスによるスマートフォンやAV機器との連携で使い勝手が広がるイメージ
 パナソニックは25日、光学10倍ズーム・Wi-Fi搭載デジカメ「LUMIX DMC-SZ5」を発表した。販売開始は8月23日。価格はオープンで、予想実売価格は25,000円前後。

 同製品は、35mm判換算で広角25mmから望遠250mmまでの光学10ズームレンズと、有効画素数1,410万画素の1/2.33型CCDセンサーを搭載したコンパクトデジカメ。レンズは、歪曲・解像度・ゴースト・フレアなどの各要素において優れたレンズ性能を持つというライカの「DC VARIO-ELMAR(バリオ・エルマー)レンズ」を採用した。

 大きな特長としてWi-Fi機能を搭載。iPhoneAndroidスマートフォン向け専用無料アプリ「LUMIX LINK ver.2」(バージョンアップを実施予定)を使い、スマートフォンからSZ5を操作できる連携機能に対応。スマートフォンでの操作で、撮影データをSZ5からスマートフォンへ転送・保存できる「ピクチャジャンプ」機能を搭載し、さらにコメント付きでSNSへアップロードできる。

 また、撮影時のライブヴュー確認をはじめ、ズーム/オートフォーカス/シャッターの操作がスマートフォンで可能。フラッシュの設定やマクロ撮影モードへの切り替え、記録画素数の設定など各種設定もスマートフォンで行なえる。スマートフォンで取得した位置情報(緯度・経度)をSZ5に送信し、撮影した写真に位置情報を付与することもできる。

 加えて、無線LANアクセスポイントとWi-Fi接続の設定をしておくことで、同社の運営するクラウド共有サービス「LUMIX CLUB PicMate」を利用可能。同サービスの新機能「LUMIX CLUB クラウド同期サービス」に自動で写真を転送できる「おまかせ画像転送」機能を搭載する。また、同社製テレビ「VIERA(ビエラ)」にワイヤレス転送して大画面で写真を楽しめる「リモートTVビュー機能」や、お気に入りの写真をワイヤレスでプリントできる「ワイヤレスプリント機能」などを搭載する。

 解像度1,280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影機能を搭載。記録形式は静止画がJPEG、動画がMP4。約55MBメモリを内蔵するほかSD/SDHC/SDXCカードに対応。ディスプレイは3型液晶。Wi-Fi規格は802.11b/g/n。インターフェースはUSB2.0/AVなど。バッテリはリチウムイオン充電池。

 本体カラーはホワイト/ブラックの2色をラインアップ。本体サイズは幅104.1×高さ57.6×奥行き20.8mm、重さは約135g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はバッテリパック/USB接続ケーブル/ACアダプタ/ハンドストラップなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top