SBテレコム、統合VPNサービス「ホワイトクラウド SmartVPN」提供開始 | RBB TODAY

SBテレコム、統合VPNサービス「ホワイトクラウド SmartVPN」提供開始

ブロードバンド 回線・サービス

イメージ図
  • イメージ図
  • 「ホワイトクラウド SmartVPN」の主なアクセス回線ラインアップ
  • 接続可能なホワイトクラウドサービス
 ソフトバンクテレコムは9日、クラウドサービスと親和性の高い統合VPNサービス「ホワイトクラウド SmartVPN」を発表した。8月1日から申し込み受け付けを開始する。

 「ホワイトクラウド SmartVPN」は、クラウドサービスとの親和性の高さを主目的に開発された新しいVPNサービス。これまで個々に提供されてきたIP-VPN、広域イーサネットなどのネットワークサービスを統合し、ソフトバンクテレコムのクラウドサービス「ホワイトクラウド」の各種サービスとのシームレスな接続や、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末からのリモートアクセスなどを可能とした。

 「ホワイトクラウド SmartVPN」では、統合型のVPNサービスとして、通信レイヤー(L2/L3)の料金を一本化し、ネットワーク構築ポリシーに合った通信レイヤー(L2/L3)や、拠点ごとの要件に適したアクセス回線を選択し、それらを自由に組み合わせるだけで、拠点規模やデータ量に応じたネットワークを構築可能。また、従来はVPNサービスごとに設置していた問い合わせ窓口を統合し、申し込みから保守・運用までをワンストップで提供する。

 「ホワイトクラウド PrimeDrive」(500MByte)を当初から標準提供する他、今後は「ホワイトクラウド ビデオカンファレンス」3ID、「ホワイトクラウド インターネットVPNアクセス」5IDなどの標準提供も予定しているとのこと。

 ラインアップは、ギャランティとベストエフォートの2つのサービスグレードが用意されている(アクセス回線品目は計7品目)。ホワイトクラウド PrimeDrive、ホワイトクラウド ビデオカンファレンス、ホワイトクラウド ダイレクトアクセスとのシームレスな接続が可能。料金(税込み)は初期費用31,500円~、アクセス回線利用料12,600円~/月(回線に「光アクセスプランF」を用いた場合)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top