LG、階調表現を追求したスマートテレビのハイエンドモデル……3D試聴も | RBB TODAY

LG、階調表現を追求したスマートテレビのハイエンドモデル……3D試聴も

IT・デジタル テレビ

「LM9600」
  • 「LM9600」
  • 使用イメージ
 LGエレクトロニクス・ジャパンは3日、LEDバックライトを搭載する液晶テレビのハイエンドモデルとして「LM9600」を発表した。販売開始は6日。価格はオープンで、予想実売価格は55型「55LM9600」が400,000円前後、47型「47LM9600」が300,000円前後。

 同製品は直下型LEDバックライトシステム「NANO FULL LED」を採用し、階調表現を追求した液晶テレビ。液晶パネルは広視野角なIPS方式。自然な階調表現と質感を再現する同社独自の映像エンジン「トリプル XD エンジン」により、鮮やかな映像試聴ができるという。ダイナミックコントラストは1000万:1。

 手の振りで操作が可能な、新開発の「マジックリモコン」を使用することで、画面に直接触れるような感覚で操作ができるという。また、メニュー画面は、レイアウトをカスタマイズしたり、ネットコンテンツを直接再生可能な「ホームダッシュボード」を採用する。

 地上・BS・110度CSの3波チューナーを2基搭載。3D試聴に対応し、2Dから3Dへ変換して試聴できる。また、USB接続で外付けHDDへの録画が可能。

 インターフェースはHDMI×4/D端子/USB×3/光デジタル/LAN/ミニD-sub15ピンなど。スタンドを含む本体サイズ/重さは、「55LM9600」が幅122.3×高さ78.3×奥行き37.2cm/23.4kg、「47LM9600」が幅105.3×高さ68.4×奥行き30.2cm/17kg。付属品はマジックリモコン/標準リモコン/3Dメガネ×2など。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top