ローソン、「太陽光発電システム」を2年で2,000店舗に導入……10月より売電を開始 | RBB TODAY

ローソン、「太陽光発電システム」を2年で2,000店舗に導入……10月より売電を開始

エンタープライズ その他

ローソン「太陽光発電システム」の概要
  • ローソン「太陽光発電システム」の概要
  • 太陽光パネル設置イメージ(ソーラーフロンティアサイトより)
 ローソンは29日、「太陽光発電システム」を2年で2,000店舗に導入する計画を発表した。7月1日から施行される再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に合わせ、発電した電力を売電する。売電は、電力会社申請許可後の10月から開始する予定。

 9月より、店舗の屋根への太陽光発電システム設置を発電量の多い地域より優先して設置を開始。今年度中に1,000店舗、来年度中に1,000店舗の合計2,000店舗に、太陽光発電システムを導入する。1店舗に設置する太陽光発電システムでは、売電用の10kW(5kW×2系統)と店舗使用の2kWの合計12kWの発電が可能となる見込み(年間約11,000kWhの電力量)。店内には発電量が表示されるモニターを設置し、リアルタイムで確認可能とする。また、インターネット上でも発電量を確認できるので、本部でも稼働状況を管理可能となっている。なお太陽光パネルには、ソーラーフロンティアとパナソニックの製品を採用している。

 ローソンは、環境配慮店舗での「太陽光発電」や「リチウムイオン電池」などの実験を行っており、現在、全国20店舗に太陽光発電システムを設置している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top