エヴァコラボスマホ第2弾、ドコモ「SH-06D NERV」を29日に発売 | RBB TODAY

エヴァコラボスマホ第2弾、ドコモ「SH-06D NERV」を29日に発売

IT・デジタル モバイル

SH-06D NERV
  • SH-06D NERV
  • SH-06D NERV
  • SH-06D NERV
  • SH-06D NERV
  • 「SH-06D NERV」屋外型広告
  • SH-06D NERV
  • 「Attack of the 8th Angel」
  • 「Attack of the 8th Angel」
 NTTドコモは22日、ヱヴァンゲリヲンとコラボしたスマートフォンの第2弾、「docomo NEXT series SH-06D NERV」を29日に発売すると発表した。

 「SH-06D NERV」のスペックは、すでに発売されている「SH-06D」と同じで、約4.5インチHD/NewモバイルASVディスプレイと1.2GHzデュアルコアCPUを搭載。スマホ向け放送サービス「NOTTV」やIPX5/7相当の防水性能、ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信などにも対応している。

 ヱヴァンゲリヲンとのコラボ要素としては、NERV官給品テイストデザインと、「新劇場版:Q」のテイストを取り入れたデザインの2枚のリアカバーを採用し、シチュエーションに合わせて端末の印象を変えることができる。

 また、劇中に登場するスーパーコンピュータ「MAGIシステム」のデザインで統一された3D表示対応UIや、ヱヴァンゲリヲン「新劇場版:破」の第8使徒戦を忠実に再現したタイムアタックゲーム「Attack of the 8th Angel」、さらに「Evangelion 3D」としてインパクトあるショートムービーや3Dモデリングのモーション動画などオリジナルコンテンツを多数搭載している。「NOTTV」などの視聴に適した卓上ホルダも、専用デザインのものが用意される。

 本体サイズは約128mm×66mm×11.8mm(最厚部約12.2mm)、重さは約145g。連続待受時間は3Gで約420時間、GSMで約290時間。連続通話時間は3Gで約300分、GSMで約450分。OSはAndroid 2.3を採用している。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top