エヴァの原点は、ウルトラマンと巨神兵---特撮博物館、7月10日より | RBB TODAY

エヴァの原点は、ウルトラマンと巨神兵---特撮博物館、7月10日より

 『館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』が7月10日より東京都現代美術館にて開催される。「エヴァンゲリオン」シリーズなど、数々の作品でファンを魅了してきた監督・庵野秀明は「特撮を見ていなければこの仕事についていなかった」という。

エンタメ 映画・ドラマ
万能戦艦マイティジャック号と、向かって左から鈴木敏夫プロデューサー(スタジオジブリ)、庵野秀明監督、樋口真嗣監督
  • 万能戦艦マイティジャック号と、向かって左から鈴木敏夫プロデューサー(スタジオジブリ)、庵野秀明監督、樋口真嗣監督
 『館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技』が7月10日より東京都現代美術館にて開催される。「エヴァンゲリオン」シリーズなど、数々の作品でファンを魅了してきた監督・庵野秀明は「特撮を見ていなければこの仕事についていなかった」という。

 庵野は、その創作活動の原点であり多大な影響を与えてきた「特撮」を、文化遺産として残したいという願いから、“館長”となって「博物館」を立ち上げたというコンセプトのもとに展覧会を開催する。特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』も上映される予定だ。

 10日の記者会見で庵野館長は、「ミニチュアや特撮の素晴らしさを文化遺産として後世に残したい、技術を継承したいと願っていた。文化庁に話をした際、国にとって特撮は価値が無いということだった。今回美術展に出すことで、美術品としての価値を再認識させる。国には、ゲームやアニメばかりでなくこちらにも関心を持ってほしい」と語った。

 展覧会の目玉ともなる、スタジオジブリ特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』の製作も発表。この映画は庵野館長が企画、副館長の樋口真嗣が監督を務める。樋口監督は「5~10分の作品になるだろう。作っている過程も展覧会では見られるので、ミニチュア特撮の楽しさが分かってもらえると思う」とコメント。

 円谷プロダクションの創業者・円谷英二が始めた日本の特撮は、精巧なミニチュアで作られた舞台で、怪獣やヒーローやスーパーマシンたちが活躍する。庵野館長は好きな特撮作品として「ウルトラマン」を挙げており、記者会見でも展示された「万能戦艦マイティジャック号」を再現するのが夢だったとコメント。樋口監督によると、番組制作当時と同じ板金による手法で、3年がかりで完成させたという。

 展覧会はミニチュアやデザイン画など資料約500点を展示し、作り手たちの技と魂を伝え、映像の「粋」と特撮の魅力に迫る。日本人が昔から続けてきた「小さくして表現する」文化を再認識し、文化遺産としての継承を図る。


●会場:東京都現代美術館
企画展示室1F、B2F
東京都江東区三好4-1-1
●会期:7月10日(火)~10月8日(月・祝)
開館時間:10時00分~18時00分
入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、7月17日、9月18日
ただし7月16日、8月13日、20日、9月17日、24日、10月1日、8日は開館
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top