【夏休み】触れよう!学ぼう!体験しよう! リニア・鉄道館 | RBB TODAY

【夏休み】触れよう!学ぼう!体験しよう! リニア・鉄道館

 東海旅客鉄道(JR東海)は、「『触れよう!学ぼう!体験しよう!』リニア・鉄道館の夏休み」と題して、鉄道を知ることができるさまざまなイベントを7月14日〜16日、7月21日〜9月2日の期間に開催する。

エンタメ その他
昨年のイベントの様子(スタンプラリー)
  • 昨年のイベントの様子(スタンプラリー)
  • 昨年のイベントの様子(M型端末での発券体験)
  • 在来線の車輪
  • 0系新幹線運転台
  • 昨年のイベントの様子(ペーパークラフト)
  • リニア・鉄道館
 東海旅客鉄道(JR東海)は、「『触れよう!学ぼう!体験しよう!』リニア・鉄道館の夏休み」と題して、鉄道を知ることができるさまざまなイベントを7月14日~16日、7月21日~9月2日の期間に開催する。

 「リニア・鉄道館」は、名古屋市港区にある鉄道の発展・歴史を学ぶことができるミュージアム。現在の東海道新幹線を中心に、在来線から次世代の超電導リニアまでの模型やシミュレータ等の展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介するとともに、鉄道が社会に与えた影響を、経済・文化および生活などの切り口で学習することができる。

 同イベントは、小学生以下の子どもを対象にしたクイズラリーやペーパークラフト工作教室をはじめ、マルス発券機(M型端末)の操作体験など、子どもから大人まで楽しむことができる内容となっている。

 また、普段は入ることができない0系新幹線の運転台を特別公開し、8月1日からは子ども用制服を着用し、運転台で記念撮影することもできる。

 ミュージアムショップでは、夏休み期間を中心に、自由に色付けをしてオリジナルのSLが作れる組み立て式の木工車両キットやジオラマ作りのガイドブックおよびジオラマ作りに必要な建物や人など情景パーツを販売する。入館料は大人1,000円、小中高生500円、幼児200円。

◆「触れよう!学ぼう!体験しよう!」リニア・鉄道館の夏休み
開催期間:7月14日(土)~16日(月・祝)、7月21日(土)~9月2日(日)(47日間)※イベント開催期間中は毎日開館
会場:リニア・鉄道館(愛知県名古屋市港区金城ふ頭3-2-2)
アクセス:JR名古屋駅よりあおなみ線「金城ふ頭駅」下車 徒歩約2分
入館料:大人1,000円、小中高生500円、幼児200円

◆資格クイズラリー「車体の秘密を探ろう!」
開催期間:毎開館日
対象者:小学生以下の子ども
参加方法:館内で「探検シート」を配布

◆切符の発券と入鋏体験
開催日時:毎開館日(11:00~、15:00~)
場所:体験学習室(2F)
内容:マルス発券機(M型端末)・新幹線自動券売機での発券体験、チケッターによる切符の入鋏体験
参加方法:館内にて受付(先着順:各回15名程度)
所要時間:約30分

◆鉄道のしくみ 解説ガイド(車輪)
開催日時:毎開館日(13:00~)
場所:車両展示 キハ181形式気動車 後方エリア(1F)
内容:スポーク車輪、ボックス車輪、一体圧延車輪、新幹線車輪
参加方法:館内にて受付(先着順:各日15名程度)
所要時間:約30分

◆0系新幹線の運転台公開
開催日時:毎開館日
場所:0系21形式新幹線運転台(1F)
参加方法:0系21形式のホームにて受付
(先着順:各日約85組※1組最大4名まで)

◆夏休み 工作教室(ペーパークラフト)
※ペーパークラフトで走る新幹線を作ることができる
開催日時:7月23日(月)~8月31日(金)の期間のうち平日(14:00~)
場所:体験学習室(2F)
対象:小学生以下の子どもとその保護者
参加方法:館内にて受付(先着順:各日10組程度40名)
所要時間:約60分
参加費:材料費のみ負担
※ペーパークラフトは夏休みイベント期間中、総合案内でも購入可能

0系新幹線の運転台特別公開など「リニア・鉄道館の夏休み」

《前田 有香》

関連ニュース

特集

page top