NEC、モバイル端末を利用した画像認識サービス「GAZIRU」発売 | RBB TODAY

NEC、モバイル端末を利用した画像認識サービス「GAZIRU」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」の概要
  • 画像認識サービス「GAZIRU(ガジル)」の概要
  • GAZIRU活用パターン
 NECは22日、スマートフォンなどのモバイル端末のカメラで撮影した食品・自動車・印刷物など、さまざまな物体を画像から高精度に認識して、端末上に詳細情報を表示するサービス「GAZIRU(ガジル)」を発表した。6月1日より販売を開始する。

 「GAZIRU」では、NECが独自に開発した高精度な画像認識エンジンを利用し、撮影した画像と、クラウド上や端末内に登録した画像データを照合することで、画面上に物体の名称や詳細情報を表示することが可能となっている。サービスはクラウドで提供されるため、事業者は、既存のサービスに画像認識を組み込んだアプリを簡単に提供できるという。また、独自の技術により画像データの圧縮、計算量の削減を行い、スマートフォンなどの限られた計算リソースでも、実用的な動作速度を実現している。

 たとえば、食品を撮影すると、食品の名称、原材料、レシピなどの付加情報が画面上に表示され、健康管理に活用できる。自動車購入に利用する場合、自動車を撮影すると、車種、価格、在庫などの情報を入手できるといった使い方が想定されている。

 NECは本サービスを、モバイル通信事業や、製造業、流通業、農業、観光業などを中心に拡販していく計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top