NEC、昭和シェル石油SSにクラウドでコンテンツを配信……タブレット端末をステーションに配備 | RBB TODAY

NEC、昭和シェル石油SSにクラウドでコンテンツを配信……タブレット端末をステーションに配備

エンタープライズ その他

サービスステーションに設置されたタブレット端末
  • サービスステーションに設置されたタブレット端末
  • コンテンツ配信の概要
 日本電気(NEC)は18日、昭和シェル石油のサービスステーションに設置したタブレット端末に、車や運転に関する有益な情報や電子マガジンなどを配信する「コンテンツ配信クラウドサービス」の提供を開始した。

 NECのコンテンツ配信クラウドサービス「Contents Director Enterprise Edition」を活用したサービスとなっている。「Contents Director Enterprise Edition」では、NECがコンテンツ配信プラットフォームを用意し、コンテンツプロバイダから提供される電子マガジンや映像、ニュース、音楽などのさまざまなコンテンツを、端末の種類や情報の形式を問わず配信する。

 昭和シェル石油では、出光興産、コスモ石油、昭和シェル石油、ENEOSの石油業界4社が連携した電気自動車向け充電拠点のネットワーク「EVサービスステーション・ネットワーク」に参加し、独自の充電サービスを試験的に提供している。電気自動車の充電には、ある程度の時間を要するため、昭和シェル石油では、充電サービスが受けられるサービスステーションを中心に、NECのタブレット端末「LifeTouch(ライフタッチ)」を設置し、充電待ちの利用者に、電子マガジンや短編アニメの定期配信を楽しんでもらうとともに、天気・交通情報など一般のドライバーにとっても有益な情報を提供することでサービスの差別化を図るとしている。なお、「LifeTouch」には、昭和シェル石油の充電サービス会員向けホームページや、天気・交通情報などのサイトへワンタッチで接続できるアイコンを用意する。

 昭和シェル石油は、経済産業省の支援のもと、10個所のサービスステーションで本サービスを提供する。今後は、会員向けホームページなどを通して、本サービスを受けられるサービスステーションの案内や独自の付加価値サービスの紹介を実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top