LINE、ダウンロード後も継続利用は「77.4%」……Instagram、Pinterestと比較 | RBB TODAY

LINE、ダウンロード後も継続利用は「77.4%」……Instagram、Pinterestと比較

 ジャストシステムは14日、「SNS/コミュニケーションアプリに関する認知度/利用状況調査」の結果を発表した。「Facebook」「Twitter」「LINE」「Instagram」「Pinterest」など、11サービスの認知度と利用率、利用用途と頻度などを調査したとのこと。

ブロードバンド その他
SNS/コミュニケーションアプリの認知度と利用率
  • SNS/コミュニケーションアプリの認知度と利用率
  • 会話イメージ
  • グループでの会話、一対一での会話が可能
  • LINE登録ユーザー数の推移
 ジャストシステムは14日、「SNS/コミュニケーションアプリに関する認知度/利用状況調査」の結果を発表した。「Facebook」「Twitter」「LINE」「Instagram」「Pinterest」など、11サービスの認知度と利用率、利用用途と頻度などを調査したとのこと。

 調査は2段階で、4月24日~26日の期間に、関東地方・近畿地方に在住の15歳~49歳までの男女14,120名を対象に、「Facebook」「Twitter」「Path」「Instagram」「Pinterest」「Color」「LinkedIn」「Memolane」「Snapette」「LINE」「mixi」の認知度と利用率を調査した。さらに4月26日~28日に、「LINE」「Instagram」「Pinterest」を利用していると回答した1725名を対象に、アプリ の利用用途や頻度など、利用状況について調査した。

 それによると、認知度は、Twitter、mixi、Facebookが「8割」を超え、LINEは「32.5%」。利用率については、Twitterが「36.3%」、mixiが「34.5%」、Facebookが「30.3%」 と続き、LINEは「13.1%」だった。

 LINEをダウンロード/登録し、現在も利用しているのは「77.4%」。年代別で見ると10~20代では「82.9%」、30~40代では「69.1%」がダウンロード/登録後も継続して利用していた。利用者の「74.0%」が週1日以上利用し、特に10代では「47.1%」がほぼ毎日利用しているという。

 対して、Instagramの認知率は「10.5%」で、利用者の「63.0%」が週1日以上利用。Facebookによる買収によってサービスが終了しないかについて「44.8%」が心配しており、そのうちの「46.8%」が、データの移行を検討、もしくはすでに移行していた。

 Pinterestの認知率は「4.7%」。利用者の「48.3%」が週1日以上利用し、年代別では10~20代が「60.2%」に対し、30~40代では「38.3%」だった。利用環境は、主にパソコンからが「65.4%」、スマホなどモバイル環境は「14.8%」だった。カテゴリではArtを選択される方が最も高く、利用者全体の「29.7%」とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top